5/8の月山

f0118332_234407.jpg

久しぶりに晴れの日、自分のための山です。
久しぶりにコンビニに寄ったら、知人と会い、博物園から姥沢に送って
もらえることに。やったね。これで駐車場代千円が節約でき、博物園ま
で歩いて下れる。
姥沢のリフト乗り場の知人が「乗ってげはー」と言ってくださるが、天気
夕方まで持ちそうだし、まだ10時半。リフトはつかわず歩いて登る。
帰りの尻滑りの下見にもなるしね。(下が見えないような急斜面でも、
割れてないのがわかれば、後で滑れる!)
f0118332_23531387.jpg

姥ヶ岳経由の尾根コースでてくてく。だいぶ雪解け進んで、稜線の登
山道が露出してきた。金姥の急斜面でまず一本!
f0118332_23543568.jpg

んー、最高!
稜線に登山道出ていますが、アイゼンはずすのが面倒なので、雪の
上をざくざく登っていくと、山頂の少し下で仏様に会った。今日は神様
はお休みで岩手の山に行ったとか。
f0118332_23591244.jpg

広い山頂平もずいぶん地面が出てきました。
f0118332_23583428.jpg

山頂神社もだいぶ出てきました。南西方向は雪解けがどんどん進行。
f0118332_012092.jpg

んでも、反対側はたーっぷり雪、雪、雪。
f0118332_003622.jpg

そして会長の好きな東面は、
f0118332_024669.jpg

ひろびろー。どこまでも滑っていきたいですねー。でも滑っただけ登らな
いといけませんねー。
強風でよれよれしながら、なんとか写真を撮っていると、途中でも気になっ
ていたぷりぷりした小鳥がやってきた。よくこの強風の中に!と感心してい
ると、やはり歩こうとしても飛ぼうとしても、吹っ飛ばされる。
5センチくらい前進のつもりが1m(笑)飛ばされてだんだん近くに来て、よく
見られた。冬鳥のハギマシコたちだった。元気に北に帰れよ!
なにやら青い缶を発見し、風に押されてこけながら拾ったら、携帯酸素!
標高1984mの山でも酸素吸いますか!運動時の酸素って効果あるのか
な?芸能人のスポーツ大会とかでよく使われているけど。
f0118332_095511.jpg

青霞で朝日連峰もぼんやり、鳥海山は全く見えませんが、近くの品倉
尾根、湯殿の稜線ラインが美しいです。
鍛冶月光から牛首まで、びゅーんと滑れたので四ツ谷にさらに滑るの
はやめて、また尾根コースに。
下りは装束場にしようかとも思ったが、最初のトラバースが既にちょっと
嫌な感じだし、やはりスキー場の快適尻滑り捨てがたく、姥沢から大門
海に下ることに決定。平日ですいているし、沢コースど真ん中は滑る人
少ないので、尻滑りで直滑降ぴゅーーーーーーーーーーーっ!
リフト下駅の少し手前で止まってしまったので、脇の壁を登って、下が
見えない急斜面をもう一本!ほとんど落ちてる感じでとんでもないスピ
ード感だけど、短い距離で下が平になるからだいじょうぶい。
f0118332_015833.jpg

ここまで来て、はたと気づいて愕然「しまった、上で雪だるまこしぇんの
忘れた!」ひーえー、えらいこっちゃ・・・と慌ててこしぇました。
f0118332_0231788.jpg

姥沢のロッジ裏から大門海に下り、そこでもちびうさ。
そして、だーれもいなくなった周海沼へ。
f0118332_0242276.jpg

5月の周海沼はほんに美しい。
f0118332_0251395.jpg

Commented by ゆきしろ若 at 2007-05-10 11:09 x
周りの山、その他すべてを見渡して食べるおにぎりの味は忘れられない
ものです。そう言いながらも山菜採りに持っていくのは、10秒で朝飯が取れるのと、大豆でできたあれ。CMでやってます。
Commented by akanezumi1984 at 2007-05-10 21:54
山では簡単に食べられるものがよいけれど・・・
行動食みたいのだけだと、満腹感がなくてさびしいですね。
山頂小屋のご主人も、山頂から立谷沢までイワナ釣り&山菜採りに
行っても食パン一枚だとか・・・燃費よすぎ。
若旦那は細身だから、普段からあまり食べなそうですね。
Commented by ndanassu at 2007-05-11 21:49 x
おーまいがーーー!ひがし。。しゃ!しゃめんんーー!
日曜天気わるー 目の毒。。。
Commented by akanezumi1984 at 2007-05-11 22:08
会長・・・祈りましょう!!
二日前の天気予報なんざ、あてになりやせんぜ。
by akanezumi1984 | 2007-05-09 23:54 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31