まだ飛島

f0118332_195286.jpg

f0118332_1952862.jpg

早朝は暖かく、雲の下から朝焼けと鳥海山の裾がのぞいていたが、すぐ雨に。風も強く、雨が降ったりやんだり寒い1日。天気悪いわりに鳥が入らず、この時期としては、やはり寂しい感じ。
食料、飲み物を小さなウェストバッグと雨具のポッケに詰め込み、傘さして徘徊。
午前中はコルリやマミジロなど見て、楽しめたが、午後は風強まり、今日の便で帰ってもよかったかな、などとテンション下がる。
うろうろしながら、アラスカの友人からのメールに苦労して返信。携帯で英文打つのはとても面倒なのだ。
鳥見のツアーで数日後に来日する友人。なんとか一部だけでも日程合わせて会いたかったが、都合つかない。このツアーのガイドはひどい人で、日本語話せず、宿の予約なしで動いて、宿の人と客双方をはらはらさせる常習者。
友人が心配なので、飛島にいながら、舳倉島の民宿の手配をしていたら、同宿の鳥屋さんに、あっちはツアーなのにそこまでしてあげるの?代行手数料もらえばと言われた。我ながらおせっかいと思うが、島に民宿二軒しかないのに予約なしは、ほっとけず…
Commented by みかん at 2007-05-02 20:31 x
おいしそうなごはん・・・いいですねぇいいですねぇ。
元気が出そう。
人のために動けるあけねずみさんから、ちょっぴり優しさのおすそ分けも~らい。です。
Commented by yamaneko299 at 2007-05-02 22:16
飛島まで来て気をもむ君よ…。いっそそのガイドにまくしたてたい!
関西弁で!!(通じん)
それにしても、今日もおいしそう~。
Commented by akanezumi1984 at 2007-05-04 22:35
実は今回節約のため、自炊で泊まろうかとも考えていたんですが、やはり、島にいながら魚食べないのはもったなさすぎですよね。

ねこさん、そこの民宿の番号教えるから、まくしたててくれ!(笑)
世界に通じる関西弁。要は勢いかと。
by akanezumi1984 | 2007-05-02 19:52 | お出かけ | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー