おーまいがっ!

f0118332_2044720.jpg

今週で今日が一番天気よさそうだから、早起きして月山に行くつもりが・・・
一度起きたのに、あまりの体の重さにまた布団にめりこんで二度寝してし
まった。不覚・・・
早起きのはずが、いつもより寝坊じゃないすか!もぉぉぉぉぉぉー。
ショックでしばし呆然。仕事辞めて緊張感なくなったか、最近多いな、寝坊。
日は長くなったから、なにもなければ十分山に行ける時間だが、歯医者に
行く日なのが問題。歯医者の予約日は晴れる確率高いのはなぜ?

あまり時間に追われて登るのも嫌なので、月山に行くのはあきらめ、ゆっくり
朝ごはん食べてから、春の花とオオルリを見に出かけた。

f0118332_20482669.jpg

昔、春先に必ず行っていた河北町の沢畑へ。工事されてだいぶ趣変わって
しまい、いつしか足が遠のいた場所だ。
車を置いて歩きだすと間もなく、オオルリの囀り。枝先から飛び立っては
空中で虫を追い、戻るとちょっと囀って、忙しいね。同じ木でひらりひらりと
センダイムシクイも虫取りに忙しい。
f0118332_20535073.jpg

ニリンソウの群落を楽しみにきたが、まだ一足早かったようで、ぽつりぽ
つり咲き始めたばかり。
f0118332_20543617.jpg

ネコノメソウ?
暑くてシャツを脱ごうと足を止めたら、クマタカみっけ!と思ったらすぐ稜線
の陰に・・・今日はせっかく望遠鏡持ってきたのになぁ。
沢沿いの道を歩いていると、ふいに足元50センチのところからカワガラスが
あわてて飛び出した。水音で気づかなかったんだね。こっちもびっくり。
クロツグミのメスが地面で餌取り。囀り聞こえないけれど(中だるみの時間
帯だ)、オスも来ているんだろうな。
ため池のほとりで昼ごはん。以前はここで終点折り返しだったが・・・あれ?
こんな道あったっけ?
もう一山登る散策路が・・・まだ時間あるから行ってみるか。
途中の案内板を見ると、来た道を戻らず別ルートで車止めた付近まで行け
そうなので、そのまま進行。
f0118332_2121621.jpg

うっすら入ったピンクがあやすい。
f0118332_2151370.jpg

ヤマザクラは、花と葉が同時に。
ギフチョウがひらひら。
調子よく歩いていたら、分かれ道が。車の近くに出るのは、細いほうの道。
すると、間もなく藪こぎ獣道に・・・いいのか、この道で?
初めての道だから、やや不安を感じつつ、笹をかきわけ、倒木乗り越え、
タヌキのためフンまたいで進んで行くと、小さな社に出てほっと安心。
f0118332_21115293.jpg

今年初めて見たカエル。アマガエルめんこい。
ジグザグに下って行くと、墓地の脇を通ってじき車道。車のところまでは
すぐだった。
帰り道、桜並木がきれいな寒河江川の土手道に寄り道。
f0118332_21154034.jpg

梅と桜が同時に咲いております。
f0118332_2116549.jpg

あっちこっちにトビの巣が。これは抱卵中の様子。既にふわふわの雛が
育っているのもあった。トビもぴよぴよのうちはめんこいなぁ。
トビを見ていたら、ケンケーンっとキジが。鳴かなければ気づかれないのに。
f0118332_21173132.jpg

写真は撮れなかったが、マヒワの群れもすぐ近くで見られた。これから
北に帰るのだ。ヤナギの新芽を食べていた。いっぱい食べて元気に渡れ!
チーッチッチッチーとカワセミが2羽、飛び交っていた。遠いけれど、きらきら
メタリックブルーが光ってきれいだった。

寝坊して雪山にいきそびれたが、この時期、里山もいいものである。
イワウチワのあるあたりにも行きたいなぁ。
Commented by ゆづ at 2007-04-26 22:59 x
春の妖精たちが、美しいですね~梅と桜が同時に咲くのは、こちらの方と、何が違うからでしょうか?
Commented by akanezumi1984 at 2007-04-26 23:55
桃も咲いてます。リンゴも咲き始めた。
気温が鍵になるもの、日照時間が鍵になるもの、組み合わせのものと、いろいろあるのでしょうね。
桜はあまり暖冬でも開花が遅れるとか。寒さを経験しないと作動しないシステム?
火に焼かれないと発芽しない種とか、ある一種類の昆虫だけを頼りに受粉する植物とか、命の仕組みっておもしろいですよね。
Commented by ゆづ at 2007-04-27 19:47 x
へぇ~!!植物の世界、命の仕組みは深い!
バレンタインデーの日朝の番組で、ハート型特集をしてました。「ふうせんかずら」の種を、初めてみたのですが、ほんに、ハートマークが!
by akanezumi1984 | 2007-04-24 21:14 | ほかの山 | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31