やっぱりここが一番

f0118332_22341138.jpg

昨日、成田から送った荷物が届き、洗濯やら、荷物整理。そしてブログの
更新に手を付けたら一日が終わった。

今日は陽気に誘われ、いつもの月山へ。
f0118332_22395227.jpg

国道から県道にあがって間もなく、ザゼンソウがもう咲いていた。
道路の法面の毎年同じところに、ぼこぼこっと出現します。
黄砂ががっつり降ったはずだが、山には新雪が少し積もって、また白くなって
いた。この時期、どんどん雪が汚くなってしまうのだが、真っ白白の山に会え
て、うれしい。
f0118332_22375876.jpg

新雪を少し掘ると、黄砂の茶色い層が。
f0118332_22423486.jpg

天気がよくて、真っ白な雪に木々の影がのびる。
f0118332_22435458.jpg

ホウの芽もほころびかけて・・・
f0118332_22442969.jpg

表面がきらきらしているところは、オブラートみたいな薄い氷。手で簡単にすく
える。歩くとシャラシャラ音がする。
皮松谷地からカワクルミを経て、焼山尾根へ。
まだクレバス開いてないよと博物園に報告しよう、と思った瞬間、ずぼっと左足
が付け根まではまった。ははは、やっぱり割れてましたか。
まだあまり深くはないけれど、クレバス隠れてました。表面に新雪が蓋して、
まさに落とし穴状態。普通は少しへこんでいて、クレバス隠れていても、だい
たいわかるんだけれど、今日はだまされました。
ブシ沼で昼ごはん。歩き始めた頃、湯殿山頂にスキーヤー一人発見しただ
けで、今日は仕事以外で山に入っているのは、二人だけかな。
んー、贅沢、贅沢。
マーガリンとジャムを塗っただけの胚芽パンのサンドイッチとスープとリンゴ
だけのランチですが、白い雪、青い空の山で食べるから、ごっちっそぉ!
チャイを飲んだら下山です。
四時に歯医者の予約があるから、2時には車に戻らねば・・・
リュウキンカ沼を経て下山中、足元近くからウサギが飛び出した。
f0118332_22512233.jpg

人間なら、ずりずりで絶対登れない斜度の急斜面をてってってっと軽快に
駆け上がっていきました。登りきったところで止まれ!と念ずるも、そのまま
走りさった。でも、うさうさに会えてうれしい。
昨日、相棒が作った雪だるま君が健在。時間もあまりないので、とけた部分
補強して、耳と右手、そしてらびらび(亀)追加。
車に戻って、ちょうど2時。完璧だ。
NCで機械で掘れなかった壁周りをスコップで掘っていて、手伝いたかった
のだが、今日は時間がなくて、手伝いできず、ごめんなさい。
f0118332_22551317.jpg

by akanezumi1984 | 2007-04-06 22:42 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31