ボルネオ日記7(4/1さらばキナバル)

f0118332_2317628.jpg

ラバンラタの朝。一晩中強風吹き荒れておりましたが、朝になって落ち着いたか。
昨夜も深夜一時半からどたどたと足音うるさくて寝てられりゃしない。おまけに
なぜか一段落したはずの4時頃に、各部屋のドアをどんどんと叩いては、ノブを
がちゃがちゃする音が・・・なんなの?誰か悪い奴でも逃げ込んだのか?
この部屋まで来るのか?と心の準備していたが、帰ってった。
早朝山頂に向かうはずの人が、寝過ごしていないかチェックしたんだろうか??
5時半までつらつら寝て、さくさくっと準備して弁当受け取り、6時に出発。
寝不足でも、山を歩いていればご機嫌、ハイテンションの月山組。
f0118332_23221188.jpg

お、今日も影キナバルがきれいです。
f0118332_23292117.jpg

「あ、これなに?」「アディダス・カンポン」「おっらっだのアディダス?」
わけのわからん会話でけっけっけと笑いながら下る。
f0118332_23313994.jpg

うつくすいシャクナゲ。葉っぱが細いのが特徴。
f0118332_23334543.jpg

マシラウ・ルートへの分岐。この道はまだできてから12年。
f0118332_23355119.jpg

ウツボカズラ街道ですな。
f0118332_23364829.jpg

下山口まで5キロの地点で朝ごはん。サンドイッチとゆで卵のお弁当。
山がよく見えて、ごはんがよりおいしくなる・・・と、食べ終わる頃ガスで真っ白に。
f0118332_23382416.jpg

ショウガの仲間とラザルス君。「アディダス・カンポン」
f0118332_2341054.jpg

ヘビ発見!赤がきれいね。ヤマカガシに似てますな。
f0118332_23414666.jpg

こちらは人の少ないルートですが、下るにつれ、ちらほらと登ってくる人が。
欧米系の老夫婦は、山頂めざさず、トレッキングだけとのこと。ヘビのことを
教えたら、少し先にきれいなランがあるよと教えてくれた。
f0118332_23444858.jpg

さんざん撮ったけれど、後で見たらぶれぶれで使えない写真多し。
f0118332_2346272.jpg

だんだん木が大きくなり、雲霧林の雰囲気。苔や着生植物の世界。
鳥を見たり、初めてみる植物を撮影したりで、今日も道草三昧していたら、
またビァンの顔が曇ってる?「少し急いだほうがよい?」「そうですね」
「では、なるべく道草しないようにしよう。らびらび。」
と言いつつ、やはりそれは無理というもので、下りなのに、予定時刻より
だいぶ遅れて下山。あ、下山時の記念写真はM氏のカメラで撮ったのだ
った。早く送ってちょうだい。
マシラウ・リゾートのレストランで昼食。とってもきれいなレストランで
スープとパンが先に出てきたので、洋食?と思ったら、やっぱり
ごはんと炒め物四種類攻撃であった。
この後、公園事務所に荷物と登頂証明書をもらいに行くのかと思いきや、
既にドライバーが寄って、持ってきてくれていた。ちと事務所で本とか
地図とか見たかったのだが。
登頂証明書は、通常のものと、マシラウ使用のものと二枚!ちゃんと
山岳ガイドのラザルス君の名前も入っている。登山中ずっと首に下げて
いたIDカードももらえる。
f0118332_23571537.jpg

山岳ガイドのラザルス君とは、本来ここでお別れのはずが、おらだが
アディダス・カンポン買えるところに連れてってけろとお願いしたので、
麓の村の雑貨屋さんまで案内してもらった。小さな店にびっしりとい
ろんな商品詰まってて、うきゃー、ここで30分は物色したい!な感じ
ですが、この後の予定も詰まっておるので、狭い通路をかいくぐり、
アディダス・カンポンにまっしぐら。なんとなく着いてきたM氏にも、これ
はここでしか買えませんよ、勢いで買わせてしまった(笑)
アディダス・カンポンをこんなに嬉しそうに買って行った外国人は他にい
ないだろうな。しばらく村の語り草??
名残惜しいが、ここでラザルス君とお別れ。
スラマッ・ティンガル・オッラッダノ・アディダス・コロコロー。
Commented by 専属モデル at 2007-04-06 00:02 x
おー、じゃかじゃかupご苦労!アディダス・カンポン!!
こんな旅行記読んじゃうと、旅モードから抜け出すのがラビラビだ~。
Commented by akanezumi1984 at 2007-04-06 00:06
君へのサービスで、ラザルス君多めにアップしときましたぜ。
コロコロー。
Commented by ndanassu at 2007-04-06 20:52 x
いやぁー!マレーシアですか。。。
そこまでいって山にのぼる。。。すご。
会社でマレーシア行ったとき一人、ティオマン島へ泳ぎにいきましたが、山とは。。世界遺産ですね。
Commented by ndanassu at 2007-04-06 20:59 x
あ、それから、mixiの日記にブログ更新したとかくといいですよ、
mixi リンク先に伝わります。
Commented by akanezumi1984 at 2007-04-06 21:40
あ、会長!どもです。
このブログで力使い果たし、mixiに日記書く余裕がありませんでした。
これから書いてみます。
会長は、雪がないと山には登らない?
おいらは泳げないので、海に行ってもビーチ・コーミングで生き物とか
死体探しとか、鳥見。
会長は自転車強いし、持久力抜群ですから、海で泳げるのなら鉄人
レース出られますね。
Commented by みかん at 2007-04-15 20:18 x
日記を読ませていただき、雲の上の世界に見とれるばかり。
本当にきれいですね。山の空気までもが伝わってくるみたいです。
道中のあかねずみさん一行の様子もとってもたのしい~!!
それにしても、キナバルのしゃくなげの色の鮮やかさにはびっくりしました。ところ変われば、植物も本当に様々ですね~。
Commented by akanezumi1984 at 2007-04-15 23:32
しゃくなげは、オレンジ、赤、黄色と鮮やかでした。鳥も派手なのが多く、
熱帯だ!という感じ。でも、足元の花は小さくて地味なものが多かったで
すよ。ランの仲間も、園芸種と違い、ひっそりと咲いていました。
下るにつれ、雲霧林になり、屋久島や奄美みたいな雰囲気に。
by akanezumi1984 | 2007-04-05 23:22 | Borneo | Comments(7)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984