ボルネオ日記1(3/29)


f0118332_13372174.jpg
いつもは月山に入り浸りなおいらと、ラッセルの相棒おじょとで、突如
「キナバル山いがね?」「え、いいね。いぐが。」と、とんとんと・・・

どうせなら動物も見たいね、と調べてみたが、移動の手段や山小屋の
確保など考えると、少し高くてもツアーに乗っかるのが得策とわかり、
初めてのフルサポートなツアーに申し込んだ。
「こだわりキナバル登山&野生動物観察7日間(マシラウ・ルート)」

交通費節約のため、山形から成田空港まで行ける夜行バスを使ったら、
驚異の安さであったが、座席間の空間が狭く、ドライバーなんとなく
あやしく、やくざな感じのバス。いつもは一人旅派な二人だが、こういう
過酷で長い時間は、仲間がいると過ごしやすい。
早朝成田について、昼過ぎまで鳥の図鑑や森の成り立ちなどお勉強して
時間つぶし・・・暇つぶしも、荷物見てもらって交代で動けると、身軽でいい
わー。
午後、ようやく飛行機に乗って、往きは直行便にてコタキナバルへ。

山だけいっしょになる男性一人客Mさんと、現地日本語スタッフのビァンと
空港で合流。お、ドライバーも別にいるんですね。
客三人に現地スタッフ二人です。両替して出発。すぐに市内の食堂に
寄って夕食。食事もツアーに込みなので、出されたものを食べる。
炒め物四種類とごはん、スープ。どれもおいしい。ごはんはぱさぱさ。

キナバル山の麓まで車を飛ばして2時間。宿についたのは9:40pm。
標高1500mにある、なかなか素敵なコテージどした。
この日は移動ばかりで、ほとんど写真撮らず。
f0118332_0124566.jpg

Commented by 聖母峰 at 2007-04-06 15:39 x
山形・成田を結ぶヤクザなバスといえば、○リ○ンツアーでしょうか。
私が以前利用したときは、運転手が「ディズニーランドと成田空港、どっち先に行くます?」と乗客に多数決とりはじめ、その運行のアバウトさに気分はもう東南アジアでした。
Commented by akanezumi1984 at 2007-04-06 21:48
そのとおりでございます。聖母峰さんも利用経験ありましたか。
いかにもうさんくさげな運転手さん、詰め込み重視の設計のバスは、
サスペンション壊れていて、国内の舗装路なのに、ジャングルのダート
走ってるかのような体感でございました。
乗客の人数確認もしてませんでした。
東京からの帰りに利用した○北○行バスの、なんとまっとうなこと!
座席間ゆったり。小さな毛布つき。乗り心地よし。
運転手さんは休憩のたびに人数確認きっちり。
by akanezumi1984 | 2007-04-04 23:47 | Borneo | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31