不伐の森

f0118332_23525448.jpg

朝、家でしばらくぐずぐずしていた。
祝日で人が多いかなぁ、せっかく今は平日に動けるのに、わざわざ混む
ときに行かなくても・・・とか。んでも、ほとんど人が来ないところはいっぱい
あるんだよね。と、だいぶ遅れて出発。

そして思うのだ。ぐずぐずしないで、とっとと出かけてればよかった!
なして、いつもこうなんたべ。
f0118332_042781.jpg

弓張は晴れていたけれど、志津から上は小雪たまにちょっと晴れ間。
木肌が美しいので、今日はいろんな木の肌を撮ってみた。
f0118332_06748.jpg

f0118332_061989.jpg

上からホウ、ダケカンバ、地衣がついたウリハダカエデ。
f0118332_074623.jpg

力強く、荒々しいような森。ここは、昔炭焼きが盛んで森がどんどん伐採
されていた頃も、伐らないで残した「不伐の森」なのだとか。地元の方は
ゴガラミの森と言っている。冬場、ここによく来るのは神様・仏様コンビ
くらいで、ほとんど人が入らない静かな場所。
f0118332_0114382.jpg

たまに青空がのぞく。
f0118332_0122211.jpg

駐車場に戻って、まだ2時。いつもなら雪だるまの会長がぼちぼち補修に
とりかかる頃・・・と思ったら既に車がない!今日は早上がりなのね。
お会いできないのは残念、と思いつつ、どんな風になったのか見に行った。
f0118332_0131133.jpg

お、かわいいミッフィー顔になってる!
既に補修完了なれど、時間はあるし・・・看板の後ろにいる雪だるまを前に
出したいけれど、今日はおじょがいなくて、一馬鹿力(単位・ばかりき)しか
ないぞ。んーむ、んーむ。
f0118332_017796.jpg

んでも、やっちゃいました。ぴょんっと看板の前にうさぎ跳び!
は無理なので、土台を新たに作り、頭と両手を壊さないように移動。
頭をとるときは、ちと心が痛みましたが、無事、落とさずに新しい胴体に
くっつけられた。ほっ・・・これで、今後巨大化しても看板に隠れません。
f0118332_0203022.jpg

しっぽもつけました。
by akanezumi1984 | 2007-03-22 00:10 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31