のんびりほっこり

昨日は朝から(なぜか歩く前から)右ひざに違和感があったのだが、
かまわず姥ヶ岳に登ってしまい、やや悪化・・・
週末に24時間ラン&ウォークというチャリティーに参加する予定なので、
今足を痛めてはいかんのに。ほんとは今日からでも安静にしといた方が
いいかも、と思いつつ、あまりに天気いいのでまた山へ。
f0118332_23281633.jpg

急遽、志津女さんと、お母様の「女将と若女将コンビ」をご案内する
ことに。ばりばり地元志津の方を案内なんて??と思ったが、女将
は「冬の山歩くのなんか初めて」とおっしゃる。
そうか、例年なら冬は雪かきに追われ、たまに晴れたら屋根の雪お
ろしだから、ぷらぷらと山に行く暇ないものね。
三人でのんびり、ぶらぶらと快晴の山を歩き、下皮松谷地で山を
眺めながら昼食。
f0118332_23253934.jpg

二人の会話がまた楽しいのなんの。
f0118332_2329518.jpg

ひゃっほー!
f0118332_233142.jpg

いま、このときだけの座り心地のよいベンチ。これ以上雪が積もっても
減ってもだめなんです。
f0118332_23322229.jpg

ヤチネズミが死んでいた。毎年のように、ぽつりと雪の上に死んでいる
ネズミ類を見るが、死因は謎。まるまる太って死んでいるのもいるし・・・
と話すと二人から「心筋梗塞とか」「高脂血症なんでね?」という意見が。
やっぱりおもしろい、この二人。
f0118332_23352156.jpg

ネズミの好物、キハダの木。超苦い皮をごりごりかじっとります。
楽しみと実益兼ねた山菜取りには山に入るのだろうけれど、なんの獲物
もなくぷらぶら歩くことはあまりないお二人。冬芽や動物の足跡、ウサギの
赤いおしっこ、ねばねばのヤドリギの実、いろんなものに楽しく反応。
そして、「お客さんがよく行く場所とか、見てきた物を知りたい」という仕事熱
心さもあるのでした。さすがです。
暇人のおいらと違い、二人はいろいろやることあるので、雪だるま地点にて
解散。一人で補修。朝は昨日の状態完璧に保っていたが、午後の日差しで
かなり危険な状態だったので、とりあえず南側を肉付けして補強していたら、
足元にいた氷だるまくんが崩壊。かわりにちびうさ2つ追加。右手の上にも
ちびうさ追加。本体の顔は普通顔に。
雪だるま補修後、清水屋さんに寄り道。保育園から帰ってきたちびっこたち
と「神経衰弱」と「ページワン」をした。何十年ぶりだよ??
f0118332_025747.jpg

Commented by numa! at 2007-02-27 13:56 x
 そのねずみ,日曜に湯殿に上がる途中見ました。
 直前までの元気ハツラツな足跡が信じがたいほどの逝き方ですね。突然バッタリと。心筋梗塞とか信憑性あり?

 ちなみにその日9:30過ぎ頃,湯殿の尾根から姥南面パウ撮影中のndanassuさんを発見。撮影後ぱぱーっと姥の上へ消えて行かれました。
Commented by akanezumi1984 at 2007-02-27 14:09
日曜の湯殿賑わいの中にnuma!さんいらしたのですか。黄色い車に
気づかなかったなぁ。んでも湯殿稜線に黄色い人はいたような。
もしや四人連れだったりしませんでしたか?
Commented by numa! at 2007-02-27 22:14 x
 それです。2+2て感じで(←ダブルデートみたい。男のみですが)
 黄色い車はまたまた清水屋さんに。なんだか最近お世話になりっぱなしです。
Commented by おじょ at 2007-02-27 23:13 x
ん~、私も女将と若女将コンビにご一緒したかった…。
それに触発されたわけではないけど…、天気予報と自分のスケジュール帳見て、「行くしかない!」ってことで今日は強引に予定を変更して山に行ったぞ!
が…、デジカメを家に忘れ、テルモスを車に忘れ、尻滑り君を風にさらわれ沢に落として紛失、落っことしたスポーツドリンクも沢に吸収され…、携帯が斜面を滑り・・・(これは拾った!)、運の悪い日なのであった。
んでもね~、姥ヶ岳からは鳥海も見えてて山そのものは最高だったさ!!
山のウキウキは何よりの貯金だよね。
Commented by akanezumi1984 at 2007-02-27 23:30
やっぱしnuma!さんでしたか。車は隠していたのね。

おじょよ、なんだってか落し物忘れ物の多い日だったね。たまにある
よね、そんな日。でも、天気よくてなにより。おいらが日曜に姥登った
ときは残念ながら鳥海見えなかったんだよん。
by akanezumi1984 | 2007-02-26 23:35 | おらいの山 | Comments(5)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31