暖かすぎるー

朝、ちょっと雪だったものの、下界はすぐ雨に。
志津から上はかろうじて小雪。しかし、足元の雪がぐじゅぐじゅの濡れ雪。
あんだべねー、もう。今年の天気ってば。
f0118332_22452422.jpg

今日は、はるばる遠方から来た客人を山形で拾って山へ。
今ひとつの天気なので、PPで早めの昼食済ませてから森へ出かけた。
f0118332_2247278.jpg

薄い色だけれど、少しは青空も見えたりして、森にいるときはまずまずの
天気に。周海沼の足跡ひとつない空間に、思わず駆けていく客人。
何度も来ているリピーターの彼女だが、最初はほんとうに体力がなくて、
ほんのさわり程度の場所で「もう、ここまででいい。」と言っていたものだが、
来るたびに歩けるようになっている。夜行バスで来たのに、今日は疲れたの
声なし。
3時のお茶は、沼のほとりに座って彼女が持ってきてくれたイチゴ大福とチャイ
で。うーむ、甘酸っぱいイチゴと甘い餡が合いますな。
ほとんどぬからない雪なので、ちょっと見「えっ、うそっ」の壁みたいな斜面
を登らせてみると、なんとか登れた。すごい進歩だ。
せっかく登った急斜面。ぐずぐず雪は尻滑りには最適なのじゃ。ちょっぴり
びびる彼女をたきつけ、尻滑り。
f0118332_22533056.jpg

勇気を出して踏み出せば・・・おもしろい。もう一回!なーのーだー。
f0118332_22543411.jpg

週中メンテなしの雪だるまだったが、全体的に雪が沈んで(地面も低くなった)
ぐずぐずの蟻塚状になったものの、けっこうな大きさ保っていた。
f0118332_22581591.jpg

客人の発案で、ビジネスマン風うさだるまに変身。
一心不乱に作っていたら、背後からしゅわーっと○○屋さんがスキーで
来たのに気づかず、声かけられて飛び上がってびっくり。
そういや森を歩いているとき、対岸から銃声が聞こえたので、もしやと思って
いたら、やっぱりね。にこにこしているから背中のザックを触ると、ほのかな
ぬくもりと柔らかな感触。おー、獲物ありだ!しかも二羽。
f0118332_2342858.jpg

雪だるまの仕上げをして戻ったら、既にじっちゃんが皮むきしていた。
おいらはお風呂だけ入らせてもらって帰ったが、お泊りの客人は夕食に
獲れたてウサギを召し上がったもよう。
by akanezumi1984 | 2007-02-10 23:07 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30