あぁー、長年の相棒ぐわっ!

どうせ天気悪いだろうと思い、ぐずぐずしていたが・・・
なんか天気いいかも?天気予報ではあまりよくなかったはずだがなー
と、月山方面のライブカメラ見ると、やはり国道はいいが、志津は暗い
感じ。んー。うだうだ・・・
そだ、そろそろ蔵王の樹氷が見ごろだべ。蔵王なら天気いいかも。
ネットで天気予報やライブカメラのチェックなどするうちに11時。
んなことしてるより、とっとと出かけろっつの。
f0118332_22323922.jpg

昼近くなってやっと出かけてみれば、ほれこの通り!
家でぐだぐだしてないで、さっさと来ればよかったよ。仕事では遅刻
しなかったけど、なんの制約もないと、ついついぐずぐずする癖を
なんとかせんといかんね。
さすが蔵王、平日なのに、そこそこの人出。でも、駐車場無料だし、
空車あるから、やっぱりすいているんだろうね。
f0118332_22362589.jpg

遠吠えする狼と、立ち上がる狼・・・に見えませんかね?
青空とパフパフのパウダースノーと樹氷のきれいさに、うっひゃー!
と大喜びで写真取りながら、コース近くを歩いていたのは最初だけ。
f0118332_22422282.jpg

眼下にゲレンデ見えてるので、急斜面をひゃっほーいっ!と駆け下り、
滑り下り。ってか、こっち下ると車置いたとこに出ないんですけど(馬鹿)
f0118332_22462760.jpg

コタンゲレンデっつうとこに出て、大平コースに向かいかけたが、途中
会った方に、少し戻って短いリフト一本乗れば蔵王山麓駅までコースつ
ながってると聞き、戻ったのだが・・・
リフトの手前にだっれもいない魅惑のコースがあり、よく確認せずに尻滑
り。わーい、爽快!しかし、ここってどん詰まりで他のコースにつながっ
てないのね。登り返して、リフト乗って、もともと歩く予定だった樹氷原コ
ースに出た。
f0118332_2246843.jpg

最初はコース脇のぱふぱふ樹林帯を歩く。おとなしくコースからつかず離
れずでいりゃいいものを、つい急斜面しゃーっと下ってしまい、せっかく山
麓駅方面に行こうとしていたものをまた菖蒲沼方面に戻ってしもた。
んー、菖蒲沼トラップ!
ってか、考えなしにショートカットしすぎるからだ馬鹿め。

スタートが遅いうえに、天気よくて浮かれてあちこち刺さっては写真撮って
喜んでいたので、既に3時。距離は長くても確実なスキーコースを行けば
よいのに、大平コース方面に行くのがなんとなく悔しくて、埋もれた道路沿
いにしばし下り、その後時間が足りなさそうなので、急なとこがんがん下っ
たら、沢に出てしまった。知らないとこで沢に下るのはよろしくないなと思っ
たが、急過ぎて登り返し厳しく、そのまま下ることに。

ロープウェイが見えているし、下の景色が見えていた時に方角確認してい
るので、大丈夫なはずなのだが、下るにつれ雪がしけった重い雪になり、
沢沿いは歩きにくいところも多く、ちょっと時間が気になってきた。
道に迷わなくても、目的地に着く前に暗くなってしまったら、世間的には「遭
難」てことになってしまう。

やばいよ、それは、と思いつつ、でも大丈夫なはずという妙な自信持って
地道に歩いていたら、蔵王国際ホテルの裏に出た。山麓駅はすぐ隣。
無事到着ー!でも、時間の余裕もないのに、こういう行動はいけませんね。
反省。

お馬鹿な行動に対する罰なのか、お供のたぬきがいつの間にかいない!
長年愛用していて、大事な宝物だったのに・・・
かなりショックだが、日暮れ間近で探しにも行けない。ううう。
月山のたぬき、蔵王に眠る。

もう一枚持っているのだけれど、ずっと初代のたぬきを愛用して
いたので、とても悲しい。心に痛手を負ったので、家に帰るなり
近くの美容室に行き、だいぶ伸びていた髪をばさーっと切った。
やろっこみたいな頭になりました。
本日のうろうろルート。山頂駅までの登りはロープウェイ使用。
もちろん、スキーではなくスノーシューほっつき歩き。
f0118332_22464222.jpg

Commented by yamaneko299 at 2007-01-26 23:58
盛りだくさんな今日だったね。一度意識しちゃうと不安は雪だるまの
ように…。無事下山でよかったよ。たぬきよ、今までお疲れさま!
それにしても異世界な美しさ!
Commented by にんじん at 2007-01-27 20:49 x
そっか、途中で、たぬきと別れたこと気がついていたのね。
でも、戻らなかったことは、最善の選択。
Commented by きいろ at 2007-01-27 23:50 x
たのしそー。でもこんなにキレイなら遭難するほうへと誘惑されるのかも?!それにしてもかなりのショックだったのですね。髪をバッサリきるなんて・・
by akanezumi1984 | 2007-01-26 22:39 | ほかの山 | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー