二週間ぶりのおらいの山

以東に行ったり、芋煮会だったりの週末が続き、おらいの山に二週間も行ってなかった・・・今週は予定していた仕事がキャンセルになって時間ができたので、晴れたら行くべと思っていたが、ちょと出遅れた。
f0118332_23402764.jpg
夏と違い、日が短いので、姥沢までバスで行って時間短縮し、装束場を下ろうと考えた。その前にちらっと地蔵沼の紅葉チェック。
車ですぐ近くまで行けるので、平日なのに賑わってました。
下山場所になる博物園に行くと、博物園開設時からのおなじみの写真家のKさんが。久しぶりなのでお話したかったが、バスの時間があるので挨拶だけに。
f0118332_23404357.jpg
車を置いてバス停に向かうと、山オヤジ様が。これまで個人的に観察してきたミヤマニガウリを、今年は京大の研究者の方の研究に協力して観察しているのだそうな。
ゆっくりお話しする時間ないのが残念(あと一時間は早く来い!)少しだけお話してぱたぱたバス停に向かう。
f0118332_23405640.jpg
バス貸し切りで姥沢に到着。大空と美しいブナ林にテンションが上がる!
f0118332_23414655.jpg
落葉して白くなったブナも好きな景色だ。
f0118332_23420503.jpg
晴れると紅葉が映える。
f0118332_23422006.jpg
と、喜んだのもつかの間。リフト降りたら曇ってて寒い。
f0118332_23425417.jpg
草黄葉もすっかり終わった。
f0118332_23431251.jpg
それでも、ちびちびと楽しみを見つけて歩く。苔がきれいだった。
f0118332_23432892.jpg
金姥の分岐でパンと紅茶、果物で昼食。石碑の前に小銭・・・100円玉もあってびっくり。
f0118332_23434726.jpg
ワシでも飛ばないかなと、時々立ち止まって探したが、飛ばない。少し下ったあたりで、登ってくる人と一人だけすれ違った。
f0118332_23440395.jpg
装束場の小屋遠望。
f0118332_23441934.jpg
浄身沢の湧水を一口飲む。ここの水が飲めるのは年に4ヶ月くらい?あとは雪に埋もれてる。
f0118332_23443560.jpg
ふと振り返ると、ワシいた!!が、すぐに尾根陰に。また出ないかと待っていると、一度見られたが、合計しても10秒くらいしか見れず。
f0118332_23444924.jpg
装束場の少し上の草地の盆栽ナナカマド1号。
f0118332_23450426.jpg
盆栽ナナカマド2号がちょうど紅葉していた。
f0118332_23453693.jpg
バス停に向かう時にちょっと走ったせいか、右膝が少し痛む。
f0118332_23454774.jpg
装束場の下、元の橋折れの対岸がとても美しい。
f0118332_23460220.jpg
黄葉だけでなく、落葉したブナもまた美しい。
f0118332_23461610.jpg
また晴れてきた。
f0118332_23463834.jpg
ハウチワカエデが鮮やか。
f0118332_23465362.jpg
ブナの実が少し落ちているが、中身は空なのばかりだった。
f0118332_23470610.jpg
ブナの黄葉は博物園の周回沼付近まで降りつつある。
f0118332_23472109.jpg
マユミ。
f0118332_23473879.jpg
周海沼上部。
f0118332_23475415.jpg
実をつけている木はほとんどないようだ。
f0118332_23481079.jpg
日暮が早くなったなぁ・・・
f0118332_23482396.jpg
ジグザグを下る。
f0118332_23484825.jpg
交尾中のハヤチネフキバッタ。

地蔵沼なら車から降りてすぐだし、平らだから、高齢の叔母さん連れて行きたいなと思ったが、明日はなにか習い事してる日か。
あさってから雨っぽいしなぁ。うーむ。

by akanezumi1984 | 2017-10-17 23:49 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30