朝日連峰合同保全

9/2-3、朝日連峰合同保全作業に参加。
f0118332_20231878.jpg
今年は日暮沢小屋に集合し、資材を分担して運んで(事前に運んでくださった方たちも)狐穴小屋まで移動し、翌朝小屋から30分ほど以東側に行った場所で作業でした。
f0118332_20295943.jpg
避難小屋一泊の個人装備に資材を持てるだけ持って行くのですが、これはちょっと歩きにくそうですね。袋の中身はヤシ繊維なので、一つが1kgくらいで軽いのですが。
f0118332_20294479.jpg
おいらはザックカバーが大きいのを利用して、ザックとカバーの間に平たい土嚢袋2とヤシ繊維1で3.1kg分担。
ほとんどは1kgくらいなのだが、中には一つでもすごく重いのもあり、力持ちさんが負担してくれました。
f0118332_20314941.jpg
めっきり涼しくなったとはいえ、急登は汗が噴き出るし、しんどい。道中、時々甘酸っぱい恵みをつまみ食いしてリフレッシュ。これはコケモモの実。
f0118332_20315940.jpg
アカモノは花と実、両方ありました。熟した実はおいしい。

f0118332_20322581.jpg
豪雨で日暮沢林道が崩壊してから、こちら側歩いてなかったので、久しぶりの竜門小屋。外は寒いので、中で休ませていただき、昼ご飯。
途中、クマのフンが登山道の真ん中にありましたな。写真はやめときましょう(笑)

f0118332_20323356.jpg
雪渓の近くにシナノキンバイの群落が。
f0118332_20324649.jpg
稜線ではタカネマツムシソウがまだまだたくさん咲いておりました。白花のハクサンシャジンもあったのに、団体行動なのであまり立ち止まらないよう急いで撮ったら、ぶれてて使えず。
f0118332_20325583.jpg
さあ、もうひと頑張り。
f0118332_20335504.jpg
久しぶりに見たイワインチン。
f0118332_20341317.jpg
タカネナデシコ。
f0118332_20344071.jpg
時折見える景色に、おー、と声があがります。
f0118332_20344810.jpg
午後3時を過ぎ、日本海がオレンジに光り始めました。
f0118332_20350488.jpg
f0118332_20352020.jpg
あともうちょっと。
f0118332_20354344.jpg
狐穴小屋に来るのも久しぶりだー。泡滝から以東までとか、古寺から大朝日までで、ここ3年くらいこっち来てなかった。
f0118332_20362978.jpg
残念ながらガースーで夕日はだめですな。
f0118332_20394374.jpg
輪がいくつかできて宴会に。毎年やってた全員の自己紹介なしだったな(笑)
f0118332_20395231.jpg
朝もガースーでした。団体行動なので、心穏やかに小屋内で準備できてよかったかも。
朝四時に起きて、各自朝ごはん。リーダさんたちは6時、残りの人は6時半出発。
ザックを空にして、資材詰め込んで30分ほど歩いて作業場所へ。
f0118332_20411453.jpg
各班、リーダーの指示で作業開始。毎年参加しているメンバーが大半なので、慣れたものです。
f0118332_20422040.jpg
ダントツ重い、長大なヤシマットで保全名物のロール作り。中にヤシ繊維と土砂を入れて巻いてます。
f0118332_20490959.jpg
土砂ダムを登山道がえぐれた場所に合せて、歩きやすくした箇所。
f0118332_20501632.jpg
設定された作業時間では短いのではと思っていたら、素晴らしいチームワークで予定より早く終了。
f0118332_20503102.jpg
空っぽになったザックで狐穴小屋に戻り、個人装備を詰め込んでまた重くなったザックで、さて帰りますか。
食べ物や飲み物が減ったはずなのに、帰りもザックぱんぱんな人がいるのはなぜだ??(笑)

つい先頭班について歩いてしまったから、写真があまり撮れなかったなぁ。
膝にも来るし・・・
次のはゆっくり後ろの方の人に混ざって歩くべか。

おいらは山岳会に属していないので、たまにこうした機会にいろんな山の方たちとご一緒できるといろいろ勉強になる。
なんてまじめなことより、おもしろいから参加しているのが正直なところかな。

by akanezumi1984 | 2017-09-04 20:50 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30