月山が引き寄せた運命的出会い?(編集中)

とても素敵な方と大好きな月山を、大好きな頂上小屋に一泊で歩く機会に恵まれました。
泊まりだから時間はたっぷり。俳句をされる方ということで、じっくりとお好きなだけ自然に浸っていただこうと楽しみにしていたのだが、予想外の事実発覚で、想像を超えた楽しい二日間に・・・
いつもと違って、八合目からの往復でした。
f0118332_00130490.jpg
駐車場では鳥海山が見えていましたが、弥陀ヶ原は最初ガスがかかり、幻想的に。
f0118332_00290290.jpg
ハクサンシャクナゲ・・・と、小さな甲虫。スタート間もなくからゲストのTさんの生き物に対しての食いつきがよいことに気づく。
f0118332_00291374.jpg
湿原はキンコウカが盛り。コバギボウシが咲き始め、ワタスゲも少し。
f0118332_00292383.jpg
トキソウは盛りでした。
f0118332_00302463.jpg
朝8時スタートで山頂泊まりの予定のため、時間がたっぷりとあるので、弥陀ヶ原をぐるりと散策してから参篭所着。
もう10時を過ぎました。ここでトイレに寄ろうとして、衝撃の事実が発覚(笑)
トイレ入り口の引き戸を開けようとしたら、ガが数匹貼り付いていて、これが初めて見る、小枝にそっくりなものや、頭がモヒカンみたいになっているのや美しいのやで、思わず喜んでいたが、普通の女性だったら「やだ、気持ち悪い」と言われるところです。
ところが隣でTさんがおいら以上に喜んでいる???まさかの虫愛ずる姫ですか!!
なんということでしょう。生き物なんでも好きという同士がひょっこり巡り合ってしまいましたよ。しかも時間制限ないも同然の日程ですから、この先は道草し放題。景色と花だけでなく、いろいろな生き物にひっかかって楽しんで行くという、登山に来たのか、生き物観察会に来たのかわからない二人組となりました(笑)
f0118332_00303760.jpg
一般の方たちは、目立つ大き目の花にしか気づかない方が多いですね。小さくて可憐な花もたくさんあるのですが。
f0118332_00304672.jpg
夏山のおやつは、果物が一番。他にもミニトマトやスモモを持って来たので、お菓子がさっぱり減りませんでした。
f0118332_00305600.jpg
初めての雪渓歩きも楽しんでいただきました。
f0118332_00310688.jpg
トウゲブキ
f0118332_00311591.jpg
ゴゼンタチバナは、緑みがかったのも時々ありますね。
f0118332_00313247.jpg
ひっかかるものが多過ぎて、九合目で既にお昼です。
f0118332_00314271.jpg
今年は女性用Tシャツは新しいデザインになりました。かわいい生き物たちの絵柄で、もちろん速乾素材なので山で着られます。
f0118332_00315134.jpg
かわいいメモ帖も!Tシャツもメモ帖も、価格のうちの100円は環境協力金に寄贈されるそうです。このメモ帖は、中もこの柄でした(白い部分が表紙より広めです)

f0118332_00321293.jpg
行者返しを越えて
f0118332_00322452.jpg
ミヤマリンドウ
f0118332_00324026.jpg
大峰まで来れば、山頂は近い。
f0118332_00324740.jpg
トウヤクリンドウが咲き始めました。
f0118332_00325680.jpg
チシマギキョウがまだがんばってました。
f0118332_00332503.jpg
山頂付近の雪渓でちびうさ奉納。
f0118332_00334365.jpg
たっぷりいろいろなものを味わいながら、ゆっくりのんびり来たので、小屋に着いたらもう4時でした(笑)
時間があるのだから、急ぐ理由なし。時間を気にしないで歩けるのは贅沢なことですね。
f0118332_00335101.jpg
ごめんなさい。お腹すいて早く食べたかったせいか、せっかくのおいしいご飯の写真がこんなぶれぶれに・・・
f0118332_00340465.jpg
夕方ちょっとガスったけれど、ご飯を食べ終わるころにはまた晴れてくれて・・・
f0118332_00344440.jpg
雲海に沈みゆく太陽と、刻々と変わる色合いを楽しむことができました。
f0118332_00351323.jpg
f0118332_00352700.jpg
f0118332_00354253.jpg
f0118332_00355849.jpg
f0118332_00360846.jpg
f0118332_00361762.jpg
頂上の日没タイムにしては暖かい・・・と思っていたけれど、きれいでしたねーと振り向くと誰もいなくなっていて、おいらと芳賀さんだけになっていた。
その後、おいらは朝まで寝てしまいましたが、Tさんは夜中に目が覚めて満点の星空と流れ星を堪能されたとのことで、よかったです。
f0118332_00364609.jpg
翌朝も晴れて、ご来光を見るため早起き。
f0118332_00365912.jpg
f0118332_00371389.jpg
f0118332_00372868.jpg
f0118332_00375557.jpg
日が上がってくると、西側に影月山が写ります。
f0118332_00381296.jpg
f0118332_00383834.jpg
刻々と変わる眺めを楽しんだら、小屋に戻っておいしい朝ごはん。
f0118332_00385621.jpg
この時のお浸しはカラマツソウだったかな?赤コゴミの煮物も最高においしい。
f0118332_00390549.jpg
下山ものんびりと参ります。
f0118332_00391833.jpg
昨日は半分雲に埋もれていた鳥海山が、全部見えています。
f0118332_00392517.jpg
雪渓見ながら、おやつにスモモ。
f0118332_00395191.jpg
この日もいろいろな虫にひっかかり、佛生池のクロサンショウウオの幼生のかわいらしさに足を止め、カルガモの雛たちや池塘のイモリのかわいさにくぎ付けになり・・・
f0118332_00401080.jpg
f0118332_00402002.jpg
前日見そびれたオゼコウホネの池にも寄りました。ちょうど見頃です。
f0118332_00405008.jpg
姥沢口からだとわずかしか見られない、モウセンゴケが弥陀ヶ原ではびっしりと生えている。
f0118332_00410043.jpg
小さな小さな花が咲き始めた。
f0118332_00411351.jpg
なにか捕まえた??
f0118332_00412829.jpg
どこにでもあるから脚光を浴びないミツガシワも、オゼコウホネと同じ年代からの氷河期の生き残り。
f0118332_00414687.jpg
実は、八合目のレストハウスに入るのは初めてだった! 月山カレーをお昼ご飯にして、ちょうどTさんの帰りのバスの時間に。
直前まで天気が悪くて行けるか心配していましたが、スタート時には幻想的なガスのかかった景色も見られ、その後は青空になり、夕日、星、ご来光も見られて本当によかったです。
この後、生き物編をアップしますので、お楽しみに(笑)

Commented by morino1200tb at 2017-07-27 22:44
おおー、いいなー。
夕焼け、朝焼け、素晴らしい。
同好の士ともご一緒出来て楽しい充実の二日間でしたね。
生き物編はちょっと怖いかな(^^;)
Commented by akanezumi1984 at 2017-07-29 00:34
morinoさん、泊まりはゆっくりできていいです。
今回、生き物編は幼虫ないから大丈夫かと思います。
by akanezumi1984 | 2017-07-27 00:41 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31