ブナが美しい

去年の芋煮会は、そのまま河原でキャンプ→唐松観音散策→百目鬼温泉→肉蕎麦食べて解散と、フルコースお付き合いしたのだが、今回は車が代車で寝る場所ないので夜遅くに帰宅して、朝片付けにまた河原へ。
f0118332_23574636.jpg

8時頃行ったら、もう朝ごはんは済んで、ぼちぼちと片付け始めていた。
関東組+地元1名は、東松島にシーカヤックしに行くということに。ちと魅力的ではあったが、おいらは月山に行きたいので別行動に。
売れっ子漫画家さんがちょっと早めに帰って仕事したいから、山形新幹線で先に帰りたいと言うので、山形駅に送り届けてから山へ。
f0118332_0193172.jpg
着いたらもう昼近く。満車に近い盛況。

f0118332_019416.jpg
雪があったら山頂まで行くが、なさそうなので、紅葉ライン狙いと人の少ないとこ狙いで、姥沢からリフト使わずに牛首に出て、装束場を下り、最終のバスで姥沢に車を回収に行く作戦を立てる。
気になっていた、ブナの実がたくさんなっていた木の下も通るし。
しかし、くま棚なし。落ちている実を片っ端から指で押してみたら、スカばかり。それでか・・・

f0118332_019491.jpg

f0118332_020215.jpg
ブナの黄葉が実に美しい。
f0118332_020343.jpg
このコースにしては賑わっていた。

f0118332_0205233.jpg
柔らかないろあいで実にいい。

f0118332_021055.jpg
風がないと暑くて顔に汗かいた!冷たい水飲んでリフレッシュ。

f0118332_0212443.jpg

f0118332_0213150.jpg

f0118332_0215330.jpg
標高が上がって行くと、涼しい風が。牛首の分岐付近でS君とばったり。午前中の山頂からの眺めは、内陸が雲海で庄内側がすっきりして、とてもきれいだったとのこと。
雪はなかったという。小屋の屋根の下にだけあったと言うのは、たぶん氷が落ちたのだろう。

f0118332_022249.jpg
鳥海山にはまだ設計があるなぁ。山頂付近は雪があるようだし。

f0118332_0223718.jpg

f0118332_0224753.jpg
まだまだ雪が積もるまで咲きますよのミヤマキンバイ

f0118332_0225831.jpg
同上のハクサンイチゲ

f0118332_0241284.jpg
f0118332_0245857.jpg
f0118332_0252459.jpg
装束場コースのブナ帯もそれはそれは美しいのでした。ちょっと光がいまいちな時間帯でしたが。

バスに間に合うよう、急ぎ足で下っていたら、博物園近くになって友人とばったり。
姥沢まで乗せてってもらい、車が回収できた。

おいらでも急いで下っていたのに、金姥分岐から少し下ったあたりで、下から来る台湾の方4人。
14:45と、これから登るには遅い。リフト使うのか、来た道戻るのか聞いてみたけれど、あまり英語は得意ではない方たちで、今一つわかってるのかわからないのかよくわからん。
最後尾の方に、何時に日没か知ってますかと聞いたら、わかっていると言うので、もう構うのはやめた。
牛首で引き返してくれていれぱいいな。

by akanezumi1984 | 2016-10-16 23:58 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984