ギエンタイ芋煮会2016

恒例となっている、ギエンタイの芋煮会 at 唐松観音付近。会場一番乗りは、東京から夜通し車で移動してきたチーム。どうも早朝に着いて、朝からステーキ焼いていたらしい(笑)
f0118332_0281858.jpg
買い出し班は、近くのスーパー9時半集合。鍋とゴザも借りる。
山形市民には見慣れた光景。芋煮シーズンには、河原に近いスーパーでは無料で鍋の貸し出しがあり、コンビニで薪を売る。
f0118332_028507.jpg
f0118332_0291340.jpg
材料を切ったりちぎったりが終わって、芋煮が煮えるのを待つ間に、クマ煮込みと原木ナメコのなめこおろし、もって菊のお浸しを出したら、どれもおいしいと好評。
クマ肉は、以前に食べたことがあるけれど、臭くておいしくなかったという人が数人いたけれど、みなさん、これはおいしいと言ってくれた。臭いの、臭くないの、クマの個体差なのか、処理の仕方なのか・・・
ちなみに今回のは大きなオスグマだったけれど、おいしかった。
f0118332_0293978.jpg
芋が柔らかくなり、最後にネギをどばっ!
f0118332_0301290.jpg
こちらも恒例、ギエンタイ隊長が割烹着で玉こんにゃくを煮る。出汁はスルメだよ。
f0118332_0305665.jpg
ほとんどの人がそのままキャンプするので、テント村ができて、なんだか懐かしい風景。東松島でいったい何度テント泊したんだかね。
f0118332_0312553.jpg
閉めのうどんを、普通バージョンと、カレーバージョン、二度楽しむ。
遅く来る人のために、もう一鍋確保していたはずだったが・・・
f0118332_0321473.jpg
夜になって、大阪の社長が最近マイブームの巨大フライパンで、5kgの豚バラ肉の塊を塊のまま焼き始める。
切らずにこのままかい!
さすが豚バラ、恐ろしい量の脂が溶け出し、だくだくになるので、キッチンペーパーで吸い取りながら。
途中からはホイルで巻いてみたりもして、なんとか焼け、スライスしてみんなで食べたが、なにしろ多過ぎるので、残りは角煮に転向。
f0118332_0323484.jpg
急に仕事で来られなくなると言っていた東京の仲間が、ガラガラ仕事片付け、地下鉄通路を必死に走って新幹線に乗ってたどり着いたので、それまでとっておいた天然マイタケをバター蒸し焼きにして出す。
なにしろ天然マイタケ様ですから、絶賛いただけたのは素材のよさ。香りと歯ごたえがたまらんのです。
他にもムカゴを蒸し焼きにしたのを回したら、初めて食べるという人もいましたな。ほくほくしておいしいので、見つけたら採りましょう。
あ、マスタケの炒め物も出したな。おいらは鳥肉っぽいと思っていたが、中には「チーズみたいでおいしい」と言う人も。
肉のボリュームがすごかったし、昼からずっとなにか食べていたので、もう芋煮食べる人はいないだろうと油断していたら、うどん食べてる人たちがいて、うわっと思って鍋をチェックしたら、あらかた食べつくされていてびっくり。
まだ来ていない人の分をとっておきたかったのに・・・芋煮会なのに、芋煮を食べられない人を出してしまった。ごめんよ。・・・って、おいら一人でやってるわけじゃないし、大勢で適当にやるものだから、しかたないんだけど。
今、車が代車で車中泊できるような車でなく、月曜からまた青森なので、後始末考えるとテントも使いたくないので、おいらは23時で抜けて帰宅。
満月の下、みんなは何時まで飲んでおるやら。

by akanezumi1984 | 2016-10-16 00:32 | FOOD | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31