ガスガスのおかげでオコジョに会えた・以東周回

せっかくの三連休だが、天気が・・・
飛島か狐穴行きたいなと思っていたが、とりあえず欠航しそうなので飛島は断念。これは8日行ったら、9,10欠航で11日から仕事だから、止めて正解だった。
9日曇りで山行けるか?でも天気図見ると風強そうで、稜線は厳しいかもと思い、しかも雨降るしで、午後から晴れる予報に期待してギリギリの時間に出発し、大鳥小屋泊で以東周回することに。やっぱり以東に挨拶行っとかないと・・・
小屋に5時近くに着いて、管理人さんにこのへんでと案内されたお隣グループに知ってる人が2人いてびっくり。混ぜていただいて、おいしい鍋やチーズいただき、ご馳走様でした。
f0118332_0243792.jpg
10日は晴れの予報でしたが?小屋を出る時には稜線がけっこう見えていて期待したのだが、上がったらガスガス。それでも直登コースでぽんと開ける空間に出た時には、きっとこのあと晴れてくるんだ!とうきうき。
ガスの切れ間から見える紅葉がきれいでした。

f0118332_0245283.jpg

f0118332_025747.jpg

f0118332_0252035.jpg
もう少しで小屋のはず・・・のあたりでガス帯突入してやばつくなったので、雨具羽織ったら、そのさきすぐ小屋跡だった。今年は土台だけ完成。来年建物が建つはずですが、完成は秋・・・夏に小屋欲しいけれど、着工がそう早くはできないから仕方ないですなぁ。

f0118332_0253473.jpg
稜線に出たらガスと風で寒い!が、上のガスが薄くなって少し明るくなり、ほわっと暖かくなる瞬間があったので、もしかしたらガスが切れて縦走路が見える瞬間があるかもしれないから、とりあえず30分くらい待つか、と思って、ザックからフリースと冬用の帽子、手袋出して身に着け、暖かいお茶飲み飲み、クリームパンぱくついて待つ。

f0118332_0254567.jpg
狐穴の方から大きなザックの年輩男性が、ゆっくりゆーーーーーっくり。あんまり固まってるからちょっと心配になって、テルモス持って近くに行ってみたけれど、いらぬ心配だった。

f0118332_0261041.jpg
その男性もおいらの隣で休憩し、ちょっと話しながら待っていたら、近くにオコジョ出没。

f0118332_0262327.jpg
電光石火でひゅんひゅんと動き回るが、なんとか撮れた。30分いてガスは切れなかったが、オコジョ見られたので大満足。

f0118332_0265364.jpg
ダウンは小屋に置いてきて、フリースと雨具だけでは寒さがこたえ、あとはすたすた下ることに。

f0118332_0272530.jpg
直登コースの土嚢は石ばかり入っていてもまだ破れていないが、オツボのはヤシ繊維と土を入れたのに敗れたところがあるのは、通る人の多さか?

f0118332_0273924.jpg
雨風で花弁が透明になったハクサンイチゲ

f0118332_0275744.jpg
この毛並みが好きだ。

f0118332_028559.jpg
マツムシソウも2輪咲いていた。
f0118332_01230240.jpg


f0118332_0283129.jpg

f0118332_0285820.jpg

f0118332_0294780.jpg
昨日は気づかなかった泡滝~大鳥間のリュウキンカ。

オコジョ動画
寒気入るから、10日に月山で初雪を期待、という考えもあったが,以東も行きたかったのだよね。
やっぱり少し積もったみたいですな。
Commented by yancoco at 2016-10-14 12:59 x
初めまして♪ (ブログ上では^_^ )
以東岳下山時にお供させてもらった者です。
山つながりの方から それはきっと あかねずみさんだよ〜と教えてもらい、ここにたどり着きました(^o^)/ 楽しいお話ありがとうございます。
それと、オコジョくんの動画見れてカンドーしてます!ガスだったけどいーいお山でしたね(*´꒳`*)
またどこかでお会いしたいです。
Commented by akanezumi1984 at 2016-10-14 14:32
yancoco様、こんにちは。
A県から単独日帰りの健脚さんですよね?
初めてのコース、楽しんでいただけたようでうれしいです。
なんとなく月山と以東は愛着があるので、他の人がいい山だと言うだけで勝手に喜ぶ(笑)
オコジョ動画、あのすばしっこさを感じていただくには、動画しかないですよね。動画の前に写真撮ろうとさんざん翻弄されました。
また、きっとお会いできる気がいたします。
by akanezumi1984 | 2016-10-11 00:29 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31