長野遠征その2


f0118332_18380029.jpg
地元の雨飾さんと栂池高原で合流し、ゴンドラリフトで自然園駅まで移動。駐車場に着いた時は一瞬山並みが見えたが、すぐまた雲の中。
f0118332_18381306.jpg

ゴンドラ終点は、既にいつもの山のてっぺんに近い標高!
f0118332_18384796.jpg

4人用テントと、撮影機材満載で巨大ザックの雨飾さん。
f0118332_18390110.jpg

雨飾さんはここ数年、長野で「月間雪うさ」をシリーズ化しており、ちびうさ長野県支部長に任命していた。
共作するのは1年ぶり。
f0118332_18391607.jpg

ヒメクワガタかな
f0118332_18395628.jpg

乗鞍岳って二つあるんだね。この近くもライチョウがいるようで、羽根が少し落ちていた。
f0118332_18402100.jpg

雨飾さんは、ちびうさ長野県支部長かつ、長野県自然保護レンジャーさん。丹念にゴミを拾って行きます。
岩の隙間に隠されたペットボトルも苦労して回収。
f0118332_18403664.jpg

本日の野営地が見えて来た。しかし、ガースー。
f0118332_18405632.jpg

夜は雨の予報だったので、そのまま天気悪いかと思ったら、風でガスが切れると青空が。
f0118332_18411031.jpg
とりあえず白馬大池にテントを張り、荷物を軽くしてライチョウ探しに出発。
f0118332_18415899.jpg

イワツメクサ
f0118332_18420750.jpg

まだコマクサが咲いていた
f0118332_18421955.jpg

f0118332_18424478.jpg
途中にリンネソウの群落も
f0118332_18430835.jpg
トウヤクリンドウが盛りだった
f0118332_18434981.jpg
一ヶ月前に見たという第一ライチョウポイント付近に、同じと思われる親子が!
登山道の真ん中でまったり砂浴び。
f0118332_18440133.jpg
まだよくわかってないのか、すぐに疲れるのか、子どもはどてんっと寝転んで、足が動いてないぞ(笑)
f0118332_18441895.jpg
子どもは飽きちゃったのか?母はまだまだ砂浴びしたい。
f0118332_18444160.jpg
ねー、まだするのー?上で人間がずっと待ってるよー。
f0118332_18445293.jpg
仕方ないなぁ、通してやるか、てな感じでしぶしぶ砂浴びを止めて、登山道脇の斜面に移動。
白馬岳方向から来た登山者が一人、ライチョウいるし、それを撮影するおいらたちいるしで気を使ってしばらく待ってくれていたのだった。

f0118332_18451110.jpg
ガスの中、寄り添って休む。

f0118332_18453217.jpg
サブザックなしなので、大きいザックのままの雨飾氏ですが、今は軽いはず。ホシガラス撮影中です。

f0118332_18461821.jpg
ホシガラスがたくさんいて、ハイマツの実をくわえて行ったり来たりしていた。


by akanezumi1984 | 2016-08-24 18:48 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31