装束場と皮松谷地


f0118332_23103829.jpg
友人と車1台で姥沢に向かおうとしたら、上の駐車場が満車で志津で止められた。もうよそで滑れるところがなくなってきたので月山に集中か。
ちょうど通常運行のバスが行ったばかりで、臨時のバスは満員になったら発車とか。ならば博物園から歩いた方がいいやと方針変更。
f0118332_23323240.jpg
今日は専属モデルがおりますよ。

f0118332_23115874.jpg
装束場コース、例年ならまだ埋まってるはずの橋がみんな出ていて、しかも誰かが階段掘ってくれてて楽でした。

f0118332_23122589.jpg
眺めはいいし、暖かいし、人は全然いないし。最高。
f0118332_23124080.jpg
湯殿も東斜面は雪があるけど、西側はすっかりない。
f0118332_23125223.jpg
小屋の周りもけっこう笹が出て、タケノコ早そう。

f0118332_2313941.jpg
赤い鳥居が見えないかと行って見たら、藪が邪魔で見えず。でも、ショウジョウバカマの群落があった。

f0118332_23132568.jpg
それにしても雪がないのぉ。

f0118332_2313514.jpg

f0118332_23141226.jpg
カップ麺食べたら、一仕事。
f0118332_23142519.jpg
雪の上を歩いていたヨツボシヒラタシデムシがいつの間にか、スコップでくつろいでた。

f0118332_23144128.jpg
気持ちよくて、のんびり上がってきたので、今日はもうここで終了。

f0118332_23145432.jpg
絶景眺めながら下ります。

f0118332_23152650.jpg
上から呼ぶ声がするので見上げると、装束場に出る少し前に会った、ダンディーさんだった(前にも湯殿周回中にお会いしたことのある、ハンチング帽にネクタイ、ベストの粋な服装のスキーヤー)

f0118332_23155194.jpg
夏道にかかったスノーブリッジを覗いたと思ったら、このまま行ってみまーす、と言って3mくらい潜り抜けた人。狭くてちょっと大変だったみたいだね。

f0118332_23165966.jpg
皮松谷地に行ったことがないと言うので、ご案内。リュウキンカから水じゃばじゃばの木道越えて行きます。
f0118332_23193385.jpg
タムシバ、今年は花つきがよいです。
f0118332_2320984.jpg
皮松谷地。日々藪がうるさくなっているので、今日がラストになるなぁ。
さ、せっかくだから、ちびうさ作ってくださいな。
f0118332_23203125.jpg
ややっ、すごい上手!おいらのとよく似た真ん丸さん。さすが雪国育ち!
暑くて、帰りにコクワソフトも食べて、楽し過ぎた日曜日でした。

by akanezumi1984 | 2016-05-15 23:20 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー