今年二度目の湯殿山

天気よさそうなので、湯殿山に向かうことに。早めに出た方が歩きやすいとわかっているのに、朝のんびりし過ぎて出足が遅くなるいつものぱたーん。
f0118332_23301109.jpg
毎年見るザゼンソウの場所の雪が融けていたので、車止めて見たら、なんともう出て来ていた。はやっ!
f0118332_23303476.jpg
雪壁も低くなりました。
f0118332_23305789.jpg
ノウサギ遭遇率高いコースで、今日はばっちりと見ることができました。見やすいところにちょこりんと座る後ろ姿を発見。しばらくじっとしててくれたので撮れた。
この後、ゆっくり駆けて行ったお尻がかわいかったー。もう少し追跡できるかと思ったが、尾根向こうに行ってしまったようで見えなくなった。
f0118332_23311701.jpg
少し上がると、今度はアカネズミが根開きの穴から出て来た。だんだん穴から離れて開けたところに出て来たので、もう少し接近して見やすいところからと思ったが見失い、結局こんなのしか撮れず。
f0118332_23313604.jpg
スタートがのんびりし過ぎてもうお昼。ちょうどいいベンチがあったので、これに腰かけてランチ。ここ数日限定のほどよい高さ。
f0118332_23320560.jpg
今度は賑やかに食事中のウソの小群にひっかかる。もう、これは山頂無理か・・・?
その後も賑やかに追いかけっこするゴジュウカラやヒガラなんかにもひっかかり、なかなか進まない。
f0118332_23322640.jpg
f0118332_23324530.jpg
いやもう、気持ちのいい天気で。歩くには暑すぎるくらい。
f0118332_23332542.jpg
のんびり道草ばかりだったが、なんとか稜線まで来ましたよ。ああ、なんて美しいんでしょう。
f0118332_23340056.jpg
湯殿山神社の鳥居が見えます。
f0118332_23342307.jpg
鳥海山も麗しい。湯殿山に登る時は、山頂まで上がらないと見えないんだよねぇ。

f0118332_23344883.jpg
月山山頂を見やるちびうさ。
f0118332_23352146.jpg
朝日の方も眺めます。風もなく、穏やかで、ちっとも寒くはないのだが、夕方約束があるからとっととくだらないとなぁ。もっと朝早く家を出ればゆっくりできるのに。
f0118332_23355242.jpg
志津を同じくらいに出て、別々のルートで歩いていた二人組のボーダーさんたちと森林限界あたりからちょいちょい会いました。おっ、おいらのちびうさを激写してくれてますな。
f0118332_23361745.jpg
雪庇はあらかた落ちてしまったけれど、それでもかっこいいラインがー。
f0118332_23363174.jpg
姥沢駐車場。すっかり除雪が終わってます。今年はけっこう早く除雪が終わったけれど、その後に新雪が1mくらい積もったそうな。
f0118332_23374196.jpg
山頂でお二人のドロップシーンを撮れたら撮りますーと言ってたのですが、この後、見えない位置に入られ、それでも下の方に出れば見えるからとしばらく待ってはみたものの、夕方の約束に間に合わなくなるといけないので、肝心のかっこいいシーンを見ないうちに下ってしまいました。
NC裏手あたりでまた会えましたけどね。
f0118332_23380273.jpg
あー、気持ちいい。春のブナの森は、最高です。真冬の吹雪もいいけど。

f0118332_23382228.jpg
f0118332_23383994.jpg
ご機嫌で歩いていたのに、タヌが背中にずりあがって来たのでひっぱって直そうとしたら、ぶちっ!!
だんだん短くなってきていた尻尾が・・・とうとうなくなってしまったよ。とほほ。
かれこれ何年使って来たやら忘れてしまったが、長年なんのお手入れもしてなかったので、もう皮がもろくなってちぎれやすくなってました。そろそろ引退か・・・
f0118332_23390123.jpg
夕方の約束は、これの受け取り。拾ったけれど冷凍庫に空きがないとのことで、うちで一時預かりして鷹匠さんちに後でお届け予定。
貴重な機会なので、少し観察させてもらいました。

by akanezumi1984 | 2016-03-28 23:39 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31