今頃やっと初ごがらみ

f0118332_13008.jpg
晴れ予報だったが、志津に着いたら雪だった。でも、空がそんなに暗くないので、また晴れるだろうと、ごがらみに向かう。
f0118332_0304610.jpg

一本ブナを過ぎてほどなく、ウサギ発見。しめしめまだ気づいてない。さあ、どこにいるかわかるかな?
f0118332_0305540.jpg
超望遠でも、コンデジでは動いているのは撮れないが、じっとしているのは撮れる。木を盾にしてじりじり接近するも、枝が邪魔で、結局これ以上ましなのは撮れず。でも、見つけられてかなり嬉しかった。
f0118332_0595155.jpg
小さなクマ棚をいくつか。ごがらみには立派なのがあった。昔からよく登られたようで新旧の爪痕だらけ。
f0118332_10119.jpg
f0118332_125282.jpg
ここは別天地。
f0118332_1331273.jpg
誰かが枝をひきずって線を描いたようなネズミの足跡。
f0118332_1334492.jpg
雪が降ったり、青空が出たりで、森歩きには完璧な天気。青空が見えているのにひらひらと雪が舞っている時には、あまりの美しさにただ茫然と見とれる。なんと幸せな時間。
f0118332_134291.jpg
ごがらみの森から適当に動物の足跡を見ながら下る。
f0118332_1342538.jpg
f0118332_1343630.jpg
何年か前にモモンガがいた穴。新しい小さな爪痕があるので、今も使っているかもしれない。
f0118332_1351151.jpg
帰り道、出産ラッシュの某ファームさんに寄り道して、羊とヤギの赤ちゃんたちを見せてもらった。
ヤギは高いところに登るのが大好き。お母さんの背中に飛び乗る。母、痛くないの?

f0118332_135301.jpg
まだ生まれて一週間くらいのちびっこ。羊って、実は尾がかなり長い。
f0118332_136291.jpg
ヤギの子どもを見ると、つい「ユキ」と呼びたくなるのはきっと、同世代(笑)
別々に母子ごとに仕切られているのだが、オーナーがいらして、赤ちゃんたちだけ通路に放してくれた。
びょんびょんと跳ぶように走り回る子どもたちがかわいくて、かわいくて、顔がとろけっぱなしだった。


by akanezumi1984 | 2016-03-13 01:37 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31