役得・・・

今週天気よさそうなのは月曜だけ?山に行こうかな・・・と思っていたら、昨夜珍しく電話が。

「ワシミミズクの訓練が進んで来たので、見に来てみますか?他人がいても訓練できるか試したいし」とな。

時間のある時にって、あります、あります。ちょうど空いてます!ということで、さっそく今日行きました。
f0118332_2018519.jpg
くうううううー、かっこいい。ウェイ、ウェイってよく鳴く。声は微妙(笑)
近くに行くと威嚇される。
鷹と同じように訓練しているようで、今は日中に集落を据え廻ししたり、家の敷地で短い距離での呼び戻しの段階だが、念のため飛ばす時はまだ紐つきとのこと。
段階踏んで慣らしていくので、今日は、見知らぬ他人がいても呼び戻しできるか、紐なしでできるか試す。
見えるところにいるが、正面にならないところで、見させてもらう。
f0118332_20181734.jpg
f0118332_20184026.jpg
3回目から紐なしでトライ。低く飛んでふわりと腕に止まる。が、距離を10mほど長くしたら飛んで来なくなった。肉片が小さいとはいえ、見えないはずはないのだが。止まり位置が低いから、滑空して行ける距離があまり長くとれないのか?
f0118332_20192579.jpg
タカと違い、風切り音がしない。
何度かやってから、突然、今度はおいらの腕に来るかやってみたらと・・・え゛?????
さっきまで威嚇されてたのに、無理では?
相当距離を縮めて、最後は目の前で餌をちらつかせてみましたが、当然無視されました。
そりゃそうでしょうよ。さっき会ったばかりだし。
でも、腕を胸のところに出して乗り移させるのは成功。ばしばし威嚇されるかと思ったら、おとなしく止まってくれてるので、思わず写真撮ってくださいとお願いしてしまった。
f0118332_20193471.jpg
この大きな透き通った目を、こんなに近くで見られるなんて!四つ足だと目を直視すると歯を剥かれるけれど、鳥は敵意を感じないようだな。昔、コンロンが来たばかりの時にも他人に止まらせる実験台になったけれど、目を見ても攻撃されなかった。
こうしてだんだんに人間やいろいろな環境に慣らして行って、実猟に出る時の移動中とか、講演会なんかに連れて行ってもパニック起こさないよう少しずつ訓練するんですね。
フクロウなのに昼間訓練したり、狩りができるのか?
この子は国内人工繁殖の個体だけれど、もとの産地はシベリアあたりとのことで、繁殖期には白夜で明るい時間が長いため、明るくても狩りをしているとのこと。
このまま連れて来てと言われ、腕にワシミミズクのまま茶の間で30分歓談。話をしていて横見ると20cmのところにこの瞳!なんという贅沢な時間なんだ。
だんだん指の方に足をずらされて、左手人差指がぎゅーとつかまれてけっこう痛かったが、それもまた、この鳥のパワーをひしひし感じられて幸せなのだった。
まぁ、いつ何時防護手袋じゃないところをぐわしっとやられないとも限らないのだが、それでもいいや・・・と思っちゃう。いや、だめか。雪旅籠掘れなくなるのは困るな、なんて思いながら、何度も見つめてしまった。


Commented by nora at 2016-02-23 16:35 x
うらやましいなぁー。
家の、ヤマガラ目と目を見つめ合うのは1秒か2秒だけですよ。
紐付けようかな(笑
雄は手乗りしませんが10㎝位まで接近しますが、可愛くない(笑
Commented by akanezumi1984 at 2016-02-23 20:49
noraさん、こっちが勝手に見つめるだけで、ワシミミズクから見つめ返してくれるわけではありませんが。
四つ足と違って、視線感じると牙をむくということはなかったです。
ヤマガラよく慣れてますね。
小さい生き物は時間の流れ方が違いますから、彼らにとっては1秒でもけっこう長いかもしれませんよ。
by akanezumi1984 | 2016-02-22 20:23 | 生き物 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー