湯殿山頂~ぶし沼~焼山尾根~下皮松~志津 2/12

f0118332_14563193.jpg

しばし、360度の絶景を楽しみ、ちびうさも作り、しあわせ感にひたってるうちに14時に。(スタートが遅いからね)
いつもよりは風がないとはいえ、それでもずっといると寒いので、直下のぶし沼にずんずん下る。
上の写真の真ん中のやや左よりに白い筋状に見えるのが、焼山尾根。
f0118332_151499.jpg

ウサギの足跡と、数本のシュプールがありました。
f0118332_151532.jpg

夏には広い湿地のぶし沼。道はない。斜めの木に腰かけて、ポットの紅茶とクルミとカレンズたっぷりのパンをかじりながら、生クリームみたいな湯殿のラインを眺め、またしあわせに浸る。
f0118332_1534933.jpg

風の強さを物語るシュカブラ。でも今日の焼山尾根は穏やか。
f0118332_1542619.jpg

焼山尾根から山を振り返る。青空がもってくれて本当にうれしい。
f0118332_1551169.jpg

f0118332_1552826.jpg

湧水のため、この時期でも水路が開いている下皮松谷地。皮松とはバイカモのこと。
f0118332_156422.jpg

f0118332_1565778.jpg

下皮松から山を見る。左が湯殿山。さっきまであのてっぺんにいたんだなぁ。
f0118332_1573787.jpg

望遠でリフト上駅あたりを見る。
f0118332_1581436.jpg

テンの足跡
さあ、帰らなくては。
f0118332_1585954.jpg

志津に着いたのが、ぴったり16時でびっくり。さすがだな自分(笑)
この時間の湯殿山も、斜光になって山襞がますます美しく見えて好きです。

以前のような時間では登れなくなったけれど、一人だから好きなように息継ぎしながら歩ける。
元気過ぎ、楽し過ぎのおっちゃんたちの仲間には、本当はまだ若すぎて(笑)正式入会できないんだが、自分があの年齢になったときにどれくらい歩けるものやら?
ただ長生きしたいとは思わないけれど、なるべく長く山で遊べたらいいなぁとは思う。
それには、やっぱりちゃんと年中山で遊び続けないと維持できないからね。遊べや遊べ。
by akanezumi1984 | 2016-02-13 15:14 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984