きわどかった

f0118332_23345009.jpg
実家の町の積雪量が一気に増えたので、こりゃまずい!と昨夜思っていたが、天気予報悪すぎるから行くのは木曜にしようかと思っていたが、一夜明けてみたら天気いいし。
ということで実家に向かった。朝のうちだけですぐ吹雪では?としばらく様子見てからだったので、もっと早く出ていればよかったな。
f0118332_23371739.jpg
お昼少し前に新庄についたので、げたぱんでおいしいパンをランチ用に購入。
しかし、そんなのんきな状況ではなかった。いつもバス通りの側から玄関前を通る小さい通りに入りながら、雪の状況をチェックしてから駐車場に行くのだが、雪でふさがってて通れず。近所の方や消防団が出ていて、なにやら大事になっている。
f0118332_23351975.jpg
ガードレールと家の間に流雪溝があるのだが、完全に雪で埋まってる。
f0118332_23352842.jpg
あーあ。流雪溝の上に鉄板渡して物置にしていた場所は水浸し。でも、ぎりぎり玄関の中は無事。
だが、ご近所では車庫の中が水浸しとか、畳まで浸水してしまったというお宅もあり、大変なことに。
流雪溝が詰まって道路が冠水するのは、毎年のようにあることだが、ここまでひどいのはなかった。
f0118332_23353648.jpg
二階から落ちた雪がたまる、元父の部屋の前。ここと隣の二階屋根と一階屋根の間の高さの小屋、玄関の上は自分で雪下ろししている場所だが、今回は玄関の上だけにする。
まだ流雪溝が詰まっていて流せないのだが、既に勝手に半分落ちて道路をふさいでいたので、残りを落とした。通常この通りもたくさん降れば町の除雪車が入るのだが、来ていないのは流雪溝がふさがっていたからか。
f0118332_23370378.jpg
ずーっと下流の方から順々に、消防の放水の圧力で詰まった雪を流して行く。
f0118332_23371001.jpg
ようやくうちの実家前まで開通!どんどんスコップでもつついて雪を流し、本来の流雪溝の状態に。
上流から、どかっ、どかっと、大きな雪の塊が次々流れてきた。相当広い範囲で詰まっていた模様。
やれやれ、一件落着。あと詰まらないでほしいが、また上流の人たちがどかどか捨てすぎると危険。
またすぐ行く用事があるから、屋根の雪下ろしの業者さんがその時にまだおろしてなかったら、下屋の雪は自分でおろそうかな。


Commented by みうら あこ at 2016-01-21 17:56 x
大変??大丈夫でしたか、でもまだまだ続くのだろうけど…ドカッと降られるとたまりませんねぇ。
Commented by akanezumi1984 at 2016-01-21 19:44
あこさん、今回ぎりぎりセーフな感じでした。父が元気だったころ、一度道路際の居住スペースより一段低い部屋に浸水したことがあったと聞いてますが。
家を建てた後に道路が高くなったので、構造的にも難ありです。
普段はどんどん雪が捨てられて便利な流雪溝なんですけどね。これがない地域は雪捨てが大変と言います。
Commented by えすてぃ at 2016-01-21 23:22 x
流雪溝とか、それが詰まって浸水とか。
こちらでは想像つかないし、あまりニュースにもならないので知らなかった。
雪の重みで壊れる位しか思い浮かばなかったです。
慣れていても、急に来ると大変ですね。
Commented by akanezumi1984 at 2016-01-22 15:39
えすてぃさん、雪の捨て場問題というのは、けっこう大変なんです。
この流雪溝がなく、適当な空き地もないと道路がどんどん狭くなってしまいます。
by akanezumi1984 | 2016-01-21 00:03 | つぶやき | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31