鳥海山にお花見に・7/30


f0118332_11524140.jpg

花が見たくて鳥海山へ。予報では晴れて暑くなると思っていたので、雪渓で涼しそうな滝の小屋からスタート。4時に起きたが、なんだかんだで登山口スタートは9時だったので、神社にも行かずに七高山へのピストン。
f0118332_11530772.jpg
滝の小屋の引水は、ちょろちょろしか出てなくて、貯めようと思うとかなり時間がかかりそうだった。
f0118332_11540790.jpg
f0118332_11542751.jpg
このころはまだ、さらに晴れるのだろうと思っていたのだが。
f0118332_11550768.jpg
月山では見られない、丈の高い草原のお花畑。
f0118332_11561911.jpg
白、黄色、紫の多い中、赤いクルマユリもぽつぽつと。
f0118332_11570050.jpg
たくさん咲いていた大ぶりの白い花が、ミヤマシシウドなのか、ミヤマトウキなのか、葉っぱをよく見てなかった・・・アオハムシダマシやハナカミキリの仲間でにぎわっていた。
f0118332_11582577.jpg
河原宿から外輪に出るまで、この方となんとなく一緒に登った。
この先ガスガスとなり、雪渓の対岸が全く見えなくて、初めての方には大変だったと思う。下山時にちょっと話した単独男性は、朝ルートがわからなくて小一時間迷ったと言っていた。
おいらはとりあえず目印終点からまっすぐ横につっきればいいと知ってたが、それでも見えないとなんとなく不安なので、ちょうど下ってきた方に聞いて確認したりした。
f0118332_12012350.jpg
f0118332_12013948.jpg
ちょっと硬かったが、斜度は緩いので登山靴でトラバースできた。踏み跡はほとんどわからない。まっすぐ行ってるつもりでも少し登りトラバースになってて、標柱より上に出た。
f0118332_12032312.jpg
すぐ近くまで行かないと見えない。
f0118332_12034366.jpg
ミヤマキンバイ
f0118332_12040021.jpg
チングルマ 花が月山のより大きいみたい。
f0118332_12045067.jpg
ハクサンシャジン
f0118332_12053265.jpg

ハクサンフウロと、マルガタハナカミキリ?
f0118332_12073069.jpg
オクキタアザミ
f0118332_12074882.jpg
腹ペコで外輪に着。おいらはすぐさま昼食に。なんとなく一緒に登って来た方は先へ。鳥海は初めてと言ってたから新山に行くのかな?もう1時だから、あまり余裕ないけど。
f0118332_12095544.jpg
イワブクロが満開。外輪は花咲き乱れて天国でした。
f0118332_12103680.jpg
イワギギョウも満開で見事だった。
f0118332_12113101.jpg

チョウカイアザミ
f0118332_12123688.jpg
f0118332_12124657.jpg
チョウカイフスマもたくさん咲いていて、しあわせー。
外輪に上がって間もなく、イワギキョウとイワブクロがたくさんあって、チョウカイフスマは少し先だったのだが、まだチョウカイフスマ見ていない時にすれ違ったグループの方に咲いてたか聞いてみたら「え、知らない。あなたはいいわねー、お花が目的で来たんやから。私は景色が見たかってん、がっかりやわ。」て・・・
まぁ、確かに遠くからはるばる来たんだから、景色が見えなくて残念なのはわかるけれど、こんなに花がきれいなんだから、お花み見ましょうよ、もったいない。
f0118332_12170115.jpg
f0118332_12164434.jpg
f0118332_12172784.jpg
スタートが9時で、花があるたび立ち止まるしで、ここでプリン食べたら2時近くになったので、折り返す。
ホイッププリンのホイップが開けた途端に飛び散り、服に白い点々模様が!蓋が膨れてるときは開封時注意が要るようで。
f0118332_12331438.jpg
f0118332_12330154.jpg
f0118332_12333439.jpg
ここはイワギキョウとイワブクロが混生。
f0118332_12342499.jpg
晴れるかな?と思わせて、結局ずっとガスでしたが、花に大満足。

f0118332_12354382.jpg
ヒナザクラ
f0118332_12360158.jpg
午前中は張られていなかったロープが張ってあった。
f0118332_12362978.jpg
チングルマ
f0118332_12364654.jpg
アオノツガザクラ
f0118332_12370721.jpg
日が差さないから雪渓表面が柔らかくならず、ナイフで氷を削りだして作った。
f0118332_12381678.jpg
ハクサンシャジンの白花
f0118332_12384118.jpg
ちょっとくたびれたミヤマハンショウヅル

午前中、雪渓にスキーヤーが一人、岩に腰かけていたけれど、少しは滑れたのだろうか?おいらが通った時は、行きも帰りもガスで真っ白けだった。




by akanezumi1984 | 2015-07-31 13:03 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30