6/7の花と生き物

そろそろタゴガエルが気になるが、花も見たい。少し距離が長くなるので、早めに出かけたかったのだが、いろいろあって結局歩き出し10時。
f0118332_23154802.jpg
弓張のモリアオは、今年はタイミング合わず。卵塊は増えていたが、新鮮なものはなく、待機のカエルもいない。声はしているのだが。
f0118332_23165339.jpg
博物園の小さな小さな池のサンショウウオ卵。水が少ないのに来ているなぁ。
クロとトウホクが同じ枝に産んでいる。
f0118332_23175660.jpg
f0118332_23183009.jpg
早く来れなかったので、リフト使って山頂まで行ってから、帰りに装束場往復も考えたが、下から。
f0118332_23193704.jpg
毎年何人か、こんな軽装な方をお見かけします。今日は天気が安定しているから大丈夫とは思うけれど、怪我とか道迷いしたら大変ですな。
f0118332_23223380.jpg
今日の一番の目的は、タゴチェック。例年なら雪がまだあるのに、すっかりなくなっていた・・・けれど、まだ集まり始めのようで、数も少なく、卵もほんの少しだった。うーーーむ、来週がいいのだろうか。しかし、来週は土曜夕方から翌日昼前まで旅館のお手伝い頼まれたから、下から登って山頂まで行くのはしんどいかな。
カエルをとるか、花をとるか!悩むー。
f0118332_23254344.jpg
雪少ないといっても、あるところにはあるもので、毎年ちょっと怖い壁は、二段構えでしっかりあった。
f0118332_23264757.jpg
f0118332_23270241.jpg
装束場の小さな池にもクロサン。
f0118332_23273356.jpg
f0118332_23275398.jpg
モリアオの卵はまだだった。待機が一匹だけ。ここでは割とこの色の黒っぽいタイプを見ます。
f0118332_23284209.jpg
ウソが雪の上でなにやら食べていた。
f0118332_23291489.jpg
f0118332_23294966.jpg
f0118332_23300385.jpg
f0118332_23303581.jpg
今日は佐渡も見えておりました。
f0118332_23310414.jpg
f0118332_23312216.jpg
コミヤマカタバミ
f0118332_23314290.jpg
オオバキスミレ
f0118332_23320345.jpg
君は誰だ?
f0118332_23324644.jpg
コバイケイソウの蕾は、ホワイトコーンに似てる。
f0118332_23332712.jpg
装束場から上は誰もいないなぁと思っていたら、山頂から下ってきた知人と会った。会う人には、いつもと違うコース歩いていても、会うもので。
f0118332_23352448.jpg
ミネカエデの花がかわいい。
f0118332_23355110.jpg
シラネアオイは、現在牛首でたくさん咲いている。
f0118332_23361926.jpg
コケモモ
f0118332_23363837.jpg
ハクサンチドリとミヤマキンバイ
f0118332_23370117.jpg
f0118332_23372111.jpg
くもーっ!
f0118332_23375010.jpg
f0118332_23380389.jpg
f0118332_23382572.jpg
コツガザクラ咲き始めた。今日の二番目の目的。
第三の目的は、イワウメだったが、スタートが遅いのに寄り道が多過ぎて時間が足らず、鍛冶小屋までで戻ったので、次回の課題に・・・でも来週山頂まで行けるかなー?
f0118332_23403753.jpg
ハクサンイチゲ
f0118332_23405387.jpg
ミヤマウスユキソウ
f0118332_23412046.jpg
帰りに姥ヶ岳寄ったら、イワイチョウも咲き始めていた。
f0118332_23421053.jpg
車は下にあるが、間に合えば姥沢からバスでと考えて、急いで下って上でちびうさ作るの忘れてて、姥の途中にて。
f0118332_23432865.jpg
f0118332_23434699.jpg
いよいよ、沢コースも終わりそう。リフトの架け替えはまだ先で、下りリフトに乗れないし、姥沢までの巻き道はこの時期危険で歩けない。来週はリフト下を下ることになるのだろうか?
f0118332_23453640.jpg
明日からビジホ二泊の予定で、三日間まともな食事にありつけないかもしれないので、最後の晩餐的に季節の恵みの夕食。


Commented by おばさい at 2015-06-08 09:17 x
いい天気が続きます。田んぼの見回りをしていてさえ気持ちいいですから山の上は格別でしょうね。それにつられて軽装で入山する人もいるのでしょうが、そんな甘い場所ではないんですよね。
Commented by akanezumi1984 at 2015-06-08 16:42
おばさいさん、青空ってだけで気持ちいいですよね。
ただ、あまりに雨が少なくて、畑は大変みたいですが。
軽装の登山者、しかも遅い時間に山頂に来る人がここ数年増えているような。昔はお昼過ぎるとほとんど人がいなくなり、3時頃登って来るのは小屋泊まり の方くらいでしたが、数年前からTシャツで荷物ほとんどなしで3時頃山頂着の方に会います。自分もその時間にいますが、1時間ちょっとで下れるし、ちゃんとライトや雨具やシート持ってますからね。
by akanezumi1984 | 2015-06-07 23:47 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31