植物観察会と夕方バーディング

f0118332_01180713.jpg

f0118332_01182656.jpg
午前は博物園で「日本海要素の植物の魅力」というテーマで座学。そして午後は外で実際に日本海要素の植物の観察会。
f0118332_01200587.jpg
近くにナベクラザゼンソウという小型のザゼンソウがあるのは、全然知らなかった。普通のザゼンソウより花が小さく、花と同時に葉が出るのが特徴だそうな。
今年はたまたま、いつも見ているザゼンソウが花と葉が同時に出ていたけれど、確かにいつもの年は最初花だけで、後から葉が出てくるな。
f0118332_01222758.jpg
夏でも寒い博物園の室内から外に出ると、日向は暑い。で、森の中は雪クーラーで快適。まぁ温度差の大きいこと。雪の重みで斜面にはりついた若木や灌木を「のんばい」と称する地域があるとか。
f0118332_01260622.jpg
途中すれ違ったボランティアスタッフの方に「さっき湧水でネズミが泳いでいたよ」と聞いていたが、全く気にせずそこで水を飲む(笑)冷たくておいしい湧き水。
どんどん湧いているから、水は入れ替わるのさ。
なにネズミか気になるので色を聞いたら「ねずみ色」って!しかも、落ちちゃって泳いでるというより、何か探してるふうだったと。カワネズミか?!見たかったなぁ。園内では一度しか見ていない。というか、人生でまだ3回しか見たことがない。
f0118332_01301120.jpg
日に日に少なくなってはおりますが、まだ雪たっぷりあって森の中は涼しいですよ。あっつい日にはおすすめです。車で行く方は長靴準備してってください。100円レンタル長靴もありますが。
f0118332_01313788.jpg
参加者の方に「チェリーランドのソフトクリーム無料券」をいただいたので、さっそく。おいしかった!
f0118332_01333092.jpg
村山橋のところに白いサギがいっぱいいるけど何サギですかと聞かれたので、帰りに通って双眼鏡で見てみたけれど、その時はアオサギしか目につかなかったが?コサギもいるかも。その人が車を降りて、ちゃんと双眼鏡で見たのでなく、通りすがりに肉眼で見ただけの「白いのがいっぱい」という話であれば、晴れてるとアオサギも白く光って見えるだけのような気もするが。
f0118332_01381212.jpg
去年巣立ちっこを見たチョウゲンボウのところへ。ここは成鳥しか見られなかったが、穴の中にたぶん雛もいるはず。とーちゃん飛んでったので、餌持って帰ってこないかとしばらく待ったが、他の巣も気になるので戻るまで待たずに移動。
f0118332_01471551.jpg
チョウゲンボウ待ちしていたら、近くにチゴハヤブサがじっと止まっていた。これも近くに巣があるのだろうな。

f0118332_01405171.jpg
別の巣では、着いてすぐに親が巣穴に入ったかと思ったらすぐに出て行き、穴の入り口にはなにも見えなかったが、しばらく粘っていたらふわふわ頭の幼鳥が顔をのぞかせてくれた。うーっ、かわいい。
3羽確認したが、もっといるんだろうなぁ。
f0118332_01425606.jpg
さらにとらちゃんの場所へ。もう薄暗くなってきた中、一回りして親発見。
幼鳥は見つからん。だいぶ暗くなってキーキー鳴いてくれるとやっと見つけられる。杉林の幼鳥はけっこう高い位置にいた。あれじゃ見つけられないわ。
一羽だけ寺の庭にいる子が丸見えの場所に出て来たのを、かろうじて撮れた。
f0118332_01452360.jpg
f0118332_01453875.jpg
わっさわっさと少しずつ移動する。
f0118332_01460910.jpg
キーキー餌をねだる声が大きくなり、親が狩りに飛び出した!と思ったら近くの電柱にしばし止まって考え事?
f0118332_01481375.jpg
とっぷりと暮れるまでキーキー声を聞いていた。
んー、充実した一日だった。

はっ、しまった、友人の華展行くの忘れてた・・・すすす、すまん。

覚書
最近いろいろと動植物の分類が変わっていて、今までなじんでいたのと全然違う名前になっていたりしてとまどう。同じ種の中での別変種として扱われるようになったものや、種自体が別のに分類されたものやら。
以前、山形県にはミヤマシシウドは存在しない。ミヤマシシウドじゃないかと言ってるものは、ミチノクヨロイグサだと聞いたが、それがまた変わって、今はエゾニュウなんだとか。
とはいっても北海道のエゾニュウとはちょっと違うようで、地域による変種?
月山エリアで見るエンゴサクは、みなエゾエンゴサク、と思っていたが、これも北海道のエゾエンゴサクとはちょっと違うからと、オトメエンゴサクと呼ばれるようになっていたり。
見た目中心の分類から、DNAによる分類ができるようになって、鳥の分類もけっこう変わり、こちらは種名は同じだが、図鑑の配列が数年前に大きく変わっていまだに慣れず、探しにくい。
まぁ、人間がそう勝手に呼んでいるだけで、生き物たちは以前と変わらぬわけですが。




Commented by おばさい at 2015-05-26 10:52 x
分類の変更で戸惑っておられるようですが、私も同じ気分になったことがあります。東北、北海道を歩き回って身に着けた地名の感覚が平成の大合併で台無しになってしまいました。「この地名はどこ?」状態です。
Commented by akanezumi1984 at 2015-05-26 21:41
おばさいさん、それも「あるある!」ですね。
by akanezumi1984 | 2015-05-25 01:49 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー