降ったり晴れたり、降ったり晴れたり

落ち着きのないお天気でした。
風で雲の動きが早いので、青空が出てほわっと暖かいなと思うとすぐに、暗くひんやりして雨が降り出す繰り返し。
f0118332_23330920.jpg
f0118332_23332773.jpg
すぐ近くにいるウスバアゲハ(ウスバシロチョウから名前が変わったらしい)が全然飛ばないなと思っていたら、晴れると次々にオスがやって来るのだった。メスは動かず体力温存?
f0118332_23352556.jpg
同時にオスが2つ来てしまった時も。
f0118332_23360129.jpg
まるでヤマアラシ!
f0118332_23362836.jpg
f0118332_23364860.jpg
小さな体で巨大な葉籃を作っているのは、イタヤハマキチョッキリだろうか。
f0118332_23374504.jpg
f0118332_23375344.jpg
f0118332_23380644.jpg
なんだかおもしろい虫がいろいろいたけれど、調べる時間がない・・・
明日は終了後に事務所に寄らないといけないので、仕事終わったらまっすぐ気になるところへ。
f0118332_23393845.jpg
昔から見ているところのトラフズクが日曜に既に巣立っていたと聞いていたので、気になっていたのだ。なかなか見つけられずにいたが、だんだん薄暗くなってきたら、なんだそこかよ?てな感じで近くに一羽。
もう暗くて撮れなくなるころ、活発になって動いたり、鳴いたりするようになって、他の子たちも居場所がわかった。
通りかかったおじいさんが「フグロォみだが?昼間はそごさいだけな」と話しかけてきたので、同じとこにいましたよと答えたら「昔は空気銃で獲ったもんだ。あのころは高く売れたから、一日に10羽獲ったこともあった」と・・・ひょえー。
でも、それは50年くらい前の話。
鳥見を始めた頃のこの神社付近には、30羽くらいのトラフズクが集団越冬していたが、だんだん集まらなくなってしまった。集団越冬しているのを見たころにはもう狩猟はなかったはずだが。


by akanezumi1984 | 2015-05-21 23:49 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984