ゆるゆると姥山頂まで

以前は2月3月に一度は行っていた姥ヶ岳だが、冬もけっこう仕事が入るようになって、なかなか行けず。もう姥沢まで車で行けるようになってからにしようと(笑)
天気はずっとよさそうだし、体調よかったら山頂か、せめて牛首まで行こうかと思っていたが、スタートも遅く、姥沢でばったり友人達に会ったりもして、一緒にゆるゆると姥までのピストンに。
f0118332_00150647.jpg
f0118332_01113504.jpg
着々と準備が進む。
f0118332_01121645.jpg
f0118332_01122972.jpg
f0118332_01145887.jpg
今日出かけられた人は幸せ。なんて山々がきれいなんでしょ。
姥沢駐車場にはそれなりに車があったけれど、まだまだ静かなもの。
f0118332_01130132.jpg
湯殿に登るスキーヤーもぽつぽつ。
f0118332_01153059.jpg
おや、神様仏様トリオも今日はこちらでしたか。
f0118332_01230754.jpg
スタートが遅かったので、姥山頂の手前で昼ご飯を食べ、ゆるゆると登って平らな姥山頂に出ると、おおーーーーーーーーーーー!鳥海山が麗しい。
f0118332_01243689.jpg
月山は・・・く、黒い。びっくりするくらい黒い。4月にこんなに雪がないのは初めて見た。おととい焼山尾根から見て、少し雪が薄いかなとは思ったが、昨日の雨でここまでとけるとは。
f0118332_01262479.jpg
これは一昨日焼山尾根から撮った月山山頂。二日でここまで変わるとは・・・
f0118332_01275902.jpg
神社がこんなに出ている!
f0118332_01292060.jpg
去年は4/27でこんなに埋まっていたのに。
いつも4月下旬までスノーシューのまま神社まで行けていたのに、この状態では鍛冶月光も登山靴でないと歩けないね。
f0118332_01321818.jpg
湯殿山もGWにはもう登れないかも。
f0118332_01333619.jpg
雪ちょし相棒と久々の合作。この人と作ると、眉毛が付けられます。
f0118332_01353226.jpg
鳥海山とも一緒に。
f0118332_01360012.jpg
ぼんやりだけど、今日は粟島だけでなく佐渡も見えた。おっちゃんたちは能登半島も見えてるのではないかと言うけれど?
f0118332_01370124.jpg
雪が腐って柔らかく、まだでこぼこもなくスムーズに滑れるので、頸椎ヘルニア発症以来自粛していた尻滑りを、2年ぶりにやった。なんて楽ちん。
ラインがよれよれしているのは、以前はかっとび直滑降だったのを、スピードが出ないように制動かけながら滑ったから。
f0118332_01401077.jpg
姥沢に戻って、まだ2時半。いつもは遅く出る分、4時過ぎまで歩き回ってるのだが、早く下山したので、そのまま帰宅せずに、ももちゃんチェックに寄り道。
前回初めて姿を確認してから二週間。あの日はまだ明るさが残る5時半に出てくれたが、今日は日没時間の6時を過ぎても何も起こらず。くじけそうになったが、6時半までは待ってみようかと息をひそめて待っていたら、6時19分に穴から顔が見えた。
ツァイスの10×40でなんとか見えるが、外をじーと見て動かないままで、どんどん暗くなっていく。もはや暗すぎてぼんやりといくらか白っぽいかなとしか見えなくなったが、飛んで行くか、穴に戻るかしてくれないと動くに動けない。
警戒されているのか、結局穴から出て来ないで引っ込んだようなので、車に戻った。
とりあえず、同じ穴に定着しているのがわかっただけでも成果あり。
もう木の下の雪がほとんどなくなったので、フンで判断することはできなくなった。
さて、明日は雨のようだから、少し冬物の整理でもしようか。






by akanezumi1984 | 2015-04-05 00:16 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30