湯殿山へ

昨日よりさらに天気がよさそうなので、また山へ。
この冬は姥沢にすら行ってなかったような?心肺機能も筋肉も衰えてますが、まぁ、ゆっくり休み休み行けば大丈夫でしょっと、湯殿山へ。
f0118332_22373702.jpg
新しいウサギの足跡がやたらあるので、ちょっと足跡追跡。遠くを駆ける姿をちらちらっと何度か見られたが、すぐに見失い、写真どころか双眼鏡でも捉えられず。
サングラスしているから、それをはずす間に見失う。
f0118332_22401576.jpg
f0118332_22403074.jpg
影が美しい。
森林限界に達する前に、下山してきたわかんの方とすれ違った。
他には志津をほんの少し先に出たスキーの方だけ。
車は平日の割にはあったけれど、みなさん姥方面に行かれたようで。
f0118332_22405301.jpg
f0118332_22460941.jpg
姥沢の駐車場の除雪が進行中。
f0118332_22465067.jpg
山々がてらてらと輝いて、春山ー!
f0118332_22480566.jpg
眼下に昨日歩いた焼山尾根。
f0118332_22485145.jpg
歩き出した時には雲一つなかったのに、早くも雲が・・・
f0118332_22492910.jpg
西の平に誰かいる?
f0118332_22495631.jpg
やっぱり人がいた。
f0118332_22503239.jpg
稜線に上がっても、まだ先があるのだ。以前はよくお腹すいてへたばってたので、森林限界あたりでおにぎり一個食べといた。
f0118332_22522198.jpg
山頂は風が強そうだなぁ。
f0118332_22524613.jpg
f0118332_22530028.jpg
f0118332_22531542.jpg
こっちからの吹き上げが一番厳しかった。びしびしびしっと細かい氷粒が当たって顔が痛かった。
f0118332_22540950.jpg
鳥海山は春霞の上にほんのわずかに頭が出ていただけ。朝は見えていたのだろうか?
f0118332_22545306.jpg
f0118332_22550549.jpg
f0118332_22551807.jpg
f0118332_22553693.jpg
f0118332_22560388.jpg
先行したスキーヤーさんも、景色を堪能されています。taroさんのお知り合いでした。世間は狭い。
f0118332_22573081.jpg
f0118332_22574556.jpg
少し下れば、しけった雪で作りやすいのに、山頂は超ドライな雪で苦戦。いつもよりちょっとぶさいく。
f0118332_23020971.jpg
f0118332_23022834.jpg
名残惜しいけれど、風が寒いので下ります。
f0118332_23030308.jpg
f0118332_23031959.jpg
f0118332_23033117.jpg
f0118332_23040114.jpg
f0118332_23042653.jpg
f0118332_23044090.jpg
クラック入り始めてる。ほんの小さな穴も軽く突いただけで、ぼこんっとな。
f0118332_23061072.jpg
頸椎椎間板ヘルニアになってから尻滑り自粛しているので、下りは足に来る。
ちょうどいいベンチがあったので休憩。そういや立ち休憩やしゃがんだりで、一度も座ってなかったし。
f0118332_23090735.jpg
カラマツ林まで下りたら、カラたちがチーチー賑やかだった。
f0118332_23095315.jpg
平日だから相棒が来ているわけがないが、大き目雪だるまが!
小さな長靴の足跡があったので、親子連れの作のようです。
f0118332_23110703.jpg
f0118332_23113453.jpg
仕事のメールをしなければならないから、温泉入らないで早めに帰ろう、と思っていたのに寒河江で足止め。田んぼにコハクチョウがどっさり。
f0118332_23124887.jpg
奥に雁戸がきれいに見えておりました。
ウサオを朝から放したままだったけれど、お利口さんに留守番してました。



Commented by morino1200tb at 2015-03-29 21:26
もうクラック入り始めましたか。
来週あたり行こうと思っていますが、頂稜は慎重に歩きます。
Commented by akanezumi1984 at 2015-03-29 21:31
morinoさん、なんとなくクラックのあるところはわかると思いますので、怪しいところはストックで突いてみてください。
by akanezumi1984 | 2015-03-27 23:14 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984