それぞれの過ごし方


朝からテレビでもネットでも震災がらみの映像が否が応でも目に耳に入り、しんどくなる。
忘れてはいけないと思うけれど、あまりにまざまざと思いだすのもつらい人が多いのではないだろうか。
気分を変えに、午後、昨日わずかばかり採ったフキノトウを届けに88歳で元気いっぱいの叔母さんを訪ね、元気分けてもらう。
f0118332_024291.jpg
一家で暖かく迎えていただき、いとこ違いのMちゃんからこの前のヤマネのお礼にと、きれいなレースをもらった。タティングレースと言って、結び目で作るレース。このサイズでもいったいいくつの結び目が必要なのか・・・
雑なおいらにはできそうにない。
この冬になって、手足のしびれの範囲が広く、強くなってしまったので、ネットで調べた整体院に行ってみたり、知人のお見舞いに行ったりして夕方になり、文翔館前広場で行われている3.11キャンドルナイトへ。
f0118332_01005106.jpg
f0118332_01010538.jpg
板の両端に垂らした芯糸を溶けた蜜蝋に何度もつけて太らせ、2本のキャンドルができる。メッセージや絵を描いた透明シートを瓶に張り付け、片方のキャンドルを灯す。おいらは桜と青い鳥にした。
寒い中、たくさんの人がキャンドルを作り、灯した。来てくれた人の数だけ、キャンドルが増えて行く。
f0118332_01050989.jpg
f0118332_01053034.jpg

ちびヤマネを一匹里子に出そうと思っていて、ふと、秋に箸にしようと採っていたクロモジの小枝を見たら、ちょうどいい突起があるのが見つかり、試しにくっつけてみたらいい感じ。乾燥してしまったけれど、ちょっと削るとまたいい香りがする。
f0118332_0202010.jpg

by akanezumi1984 | 2015-03-12 00:03 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984