一夜明けて

f0118332_00253677.jpg
明け方から除雪車の音が響いておりました。強風だったので、風の当たるところはあまり積もってないけれど、吹き溜まりにはわっさりと雪が積もりました。
宿で朝ゆっくり過ごし、チェックアウトしてから、昨夜見なかったところを友人たちと見て歩いた。
f0118332_00290559.jpg
巨大かまくらの内部にも雪が吹き込んでいた。
f0118332_00293478.jpg
かまくらには例年、昔の写真がたくさん展示され、昔の暮らしぶりがわかります。
f0118332_00303061.jpg
碑の文字が雪で見えなくなっていたので、雪おろしをしてから三人で撮ってもらいました。準備初日や二日目はまだ余裕があって休憩でおやつ食べたりしていたのに、追い込みの日だったから、ほとんど休憩もせず、おやつも食べずに作業に没頭してくれた友人たちと親戚の親子に、感謝、感謝。
f0118332_00340161.jpg
碑の文字が見えなくなっただけでなく、階段が完全に雪で埋まったり、ちびだるまたちが埋まったりしていたので、昼近くまで補修。
宿のロビーをお借りしてパンを食べながら作戦会議して、午後は雛巡りすることに。宿のご主人から玉貴さん紹介してもらって行ってみたら、これが思った以上に素晴らしく、友人たちも大満足。
f0118332_00371879.jpg
たくさんの傘福と等身大のおひな様。別の部屋には古い、いろいろな様式のおひな様やお道具があり、説明をしてくれました。そこは貴重な人形の保護のために照明も少し落としてあり、撮影は禁止なので写真なしです。博物館並に数があるので、慣れた方たちでも飾るのに一週間かかるそうな。
f0118332_00405342.jpg
外の雪の中にも発見。
f0118332_00412244.jpg
せっかくなのでお茶セットをお願いしてみたら、とても眺めのよい部屋に案内された。お茶請けは左からヨモギ餅、漬物、クルミの飴炊き、栗の渋川煮、フルーツ、豆、食用ホウズキ。甘いものだけでなく、ちょっと漬物があるのがいい。
f0118332_00444082.jpg
この景色を眺めながら。ちょうど部屋が貸し切り状態でのんびりできました。
友人が「おもいでぽろぽろ」を見て以来、紅花に興味があるということで、この後紅花資料館を見て、時間の関係で山形に着いてからつっだい肉蕎麦で夕食。
f0118332_00460691.jpg
山形駅でお見送り。
今回はスノーシュートレッキングできなかったけれど、玉貴のティータイムもなかなかよかったね。


by akanezumi1984 | 2015-03-01 00:50 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984