雪旅籠掘り初日

f0118332_22422072.jpg
朝は雪が降っておりました。学生さんたちが大勢作業しています。
f0118332_22432942.jpg
いつものおらだのスペースに少し遅れて行くと、重機で壁面に大きな柱を掘ってもらっておりました。
今年は主力メンバーがなかなか準備に来れないため、はじめは例年のような部屋を作らないと聞いて、「ええええええええー!」とおいらと相棒とでブーイング。
結局強力な助っ人も得られたため、いつも通りに貫通した2部屋を作ることに。
f0118332_22501780.jpg
積雪5mとなると、雪のしまりがはんぱなく、毎年電動チェーンソーなしには作業が進まない。切り込みを入れてから剣スコで掘る。
思えば久しぶりの初日粗掘りへの参加だな。去年と一昨年は仕事でぎりぎり金曜だけとか、始まってからの補修しかできなかったりだった。
f0118332_22523191.jpg
すぐお向かいのまいづるやさんで休憩させてもらいます。
f0118332_22544911.jpg
午前中助っ人してくれたOさん。おかげでだいぶはかどり、隣の横穴と貫通できた。
f0118332_22552736.jpg
f0118332_22540118.jpg
外側も同時進行。
f0118332_22523191.jpg
休憩時。濡れたカッパズボンは長靴と一緒に脱ぐ。
f0118332_22563731.jpg
午後はさらに強力な助っ人登場。ばっかばっかと大きなブロックを掘り出し、一気に空間が大きくなりました。さっすがー。
f0118332_22573338.jpg
お隣でも強力助っ人さんがばっくばっくと大きなブロックを掘りだしております。
みるみる雪ブロックがたまるので、どんどん外に出す。すると、外にいる仲間がダンプでどんどん排雪してくれます。
毎年のことで、阿吽の呼吸ですな。
f0118332_22595548.jpg
つるつるのシートを敷くと、重い雪ブロックも勢いよく滑らすと穴から出ずに道路に落とせるので、外の様子がなにもわからず作業しているのだが、「すんごいかわいいわんこがいるよー」の声に外に出た。うわわわわっ、なんだこれは!かわいすぎるぞー。触らせてもらったら、ふんわふんわだった。
f0118332_23021327.jpg
いつの間にかこんなに天気がよくなってた。
f0118332_23024306.jpg
f0118332_23030693.jpg
今度はドローンが飛んでいるという声に外に出た。後で検索するとこの時の動画が見られるかな?
f0118332_23035830.jpg
最初はかがんだり、膝をついての作業ばかりだったが、もうこんなに空間が広がった。豪雪地の男のスコップパワーは本当に見事です。といいつつチェーンソーの写真ばかり撮ってるのは、この間やることがないから(笑)
f0118332_23054678.jpg
仙台からも助っ人さんがいらしてくれ、どかどか投げ落とす雪ブロックをダンプで延々と捨ててくれました。
f0118332_23065143.jpg
昨日から作業している学生さんたちのところは、すでに装飾に入っている。
f0118332_23073141.jpg
おらだは毎年水曜にひたすら穴を掘り、木曜穴を拡張し、人手があれば外側の装飾掘りに入るが、どうやら明日は人数が集まらないようだ。果たしてどこまで進められるか。
f0118332_23111901.jpg
でも、少数でも精鋭ぞろいだから、きっと金曜夕方までには仕上がるのだ。
たぶん。
f0118332_23125945.jpg
f0118332_23130805.jpg
解散後、積雪チェック用の梯子に許可をもらって登らせてもらった。今季の最高は540cmだったそうだが、このところの暖気で現在は450cmmまで沈んだ。
標高が700mくらいしかないのに、この積雪。でも例年並みです。毎年日本一の積雪量とよく報道される酸ヶ湯は、現在311cmと今年は少ないようだ。
f0118332_23165272.jpg
山がぴっかぴかにきれいでした。
f0118332_23171485.jpg
f0118332_23172628.jpg
f0118332_23173587.jpg
しかし、心配なのは気温の高さと雨と風。
明日は午後から雨かもしれない予報で、金曜は強風で吹雪のような・・・ぬぬぬ。


by akanezumi1984 | 2015-02-25 23:18 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984