3日ぶりに帰宅

f0118332_01160791.jpg
9日の朝、集合場所から地点に移動するときは、霧氷がきらめき、真っ白い山が輝いて、うきうきしたのだが、担当の方に場所を案内してもらう途中止まるわけに行かず、きょろきょろと見ながら通過。
地点について、今回は調査中という幟旗を立てなければならないので、その準備をし、機材の準備をしていたら、もう雲が増えて来て、10時半くらいから雪が降り始め、11時過ぎには視界不良に・・・ちーん!
その後風も強まり、ハッチバック下でもだめになって午後はほとんど車の中で晴れ間を待つものの、なにも見れずに終了。がくっ・・・
風雪避けのシェルターは車があるから必要なかったが、田んぼ地帯で民家が近く、それでいて隠れられる杉林が遠いので、ソッコーで雪掘って隠れ場所に。
f0118332_01221720.jpg
荒れ模様の中宿に着き、駐車場から玄関に行くにも雪まみれ。部屋に入ってほっとしてふと気づいた。靴下の柄が左右違ってたよ、おい。
f0118332_01242171.jpg
10日の方が天気がいいと期待していたが、雪は降らないものの、思ったほど晴れずにほとんど曇り空。昨日と違う場所に配置されたが、やはり田んぼで開けた場所で民家が近い・・・コーナーに除雪車が積んで行った雪山の裏側に隠れ場所をソッコーで掘ってトイレコーナーに。
f0118332_01262470.jpg
このちびうさは、人が通る側からは見えない位置に作ってある。
f0118332_01265893.jpg
数時間後、もう耳とれちゃったかなーと覗いてみたら、こんなことになっとった。
f0118332_01275117.jpg
視界はいいのに肝心の鳥がちーとも飛ばない。よく出ると言われた伐採斜面をずっと見ていても、いるのはカモシカばかり。親子カモシカに単独カモシカが接近し、10分くらい3頭でいた。こんなに接近して3頭いるのを見たのは初めてだな。
この他にももう1頭出てきて、計4頭を同じ斜面で確認した。
距離が2km近くあるので、こんなんしか撮れません。


by akanezumi1984 | 2014-12-11 01:31 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984