雁に会いに行きました

年に一度は雁行を見たい。あの声を聞きたいもので。
雪や凍結の心配のないうちにと、早起きして出かけました。(2:45am起床)


早朝は曇りに予報で、濃霧注意報も出ていて、日の出は見られなかったけれど、まずまず楽しめた。
f0118332_00215576.jpg
f0118332_00221481.jpg
伊豆沼で雁行を見た後、蕪栗沼方面へ。途中、雁がたくさん向かう方向に寄り道したりして、田んぼに降りている雁チェック。
f0118332_00251489.jpg
今朝はついていて、比較的近くにいた小さ目の雁の群にカリガネ11羽の塊が!
数千羽もいる中から一羽とか二羽しかいないカリガネを探すのは大変だが、今朝は数十羽の中に11羽もいて、距離も近かったので双眼鏡であっさり見つかった。
これまでで最短で見つかった。
そのあと、かなり大きな群が降りているところでシジュウカラガン探し。これもあっさり見つかって今朝はついてた。シジュウカラガンは黒いから探しやすい。
とはいえ、こんなに簡単に見つけられたのは直前にY氏からざっくりした情報をもらったからだが。
f0118332_00315072.jpg
この写真に写っているのの10倍くらいの塊でいるわけだが、複数いるときはわりと簡単に見つかる。一羽とかせいぜい二、三羽しかいないと大変なのは、寝ていると顔が見えないから・・・
f0118332_00351298.jpg
最初はこんな感じでわかりにくかったが、昼寝したり産直寄ったりして時間潰して再度行ったら、みんなしゃっきり起きて活動していて見やすくなっていた。
f0118332_00365354.jpg
シジュウカラガンは17羽いた。
f0118332_00403115.jpg
オオヒシクイ。蕪栗沼に行くと、日中もかなりたくさん沼にいる。
どこかにハクガンも一羽いるらしいが、あちこち大きく移動しているらしい。マガン、カリガネ、シジュウカラガン、オオヒシクイで満足し、あまり遠くまでは探索せず。
夜明け前からいるので、夕方までとなると時間が長いが、せっかく遠くまで来たので落雁まで見たいと思い、車で昼寝したり産直のぞいたりして3時過ぎまで時間をつぶして、再度蕪栗沼に行って日没を待った。
f0118332_00451490.jpg
f0118332_00452633.jpg
f0118332_00454514.jpg
雁たちはかなり暗くなってからも、続々と帰ってくる。
暗くて写真は撮れなくなっても、雁の声や翼が風を切る音がうなりとなって聞こえるのが心地よく、ずっと聞いていた。





朝3時半に家を出て、20時半に帰宅。いい気持でいたら、地震速報!
なんだか不穏。
by akanezumi1984 | 2014-11-23 00:49 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984