10/1~2 以東岳周回・二日目

f0118332_2317211.jpg

翌朝も濃霧と強風で、日の出はだめかと二度寝したが、気になって日の出時間より少し前には起きた。ちらちらと窓から山頂が見えるかどうか確認しながら、朝食の準備。
そろそろもう日が昇ってしまうなと思ったあたりで、ガスが晴れたので、慌ててピークへ。
f0118332_23193917.jpg
f0118332_2320423.jpg
f0118332_23202448.jpg
f0118332_23204189.jpg

大朝日までの縦走路が見える。
f0118332_23212620.jpg
f0118332_23222113.jpg
f0118332_23231023.jpg
f0118332_23234864.jpg

f0118332_2345423.jpg

f0118332_23472897.jpg

狐穴小屋が見える。
小屋に戻って朝食。荷物をまとめオツボコースを下る。
f0118332_23485990.jpg
f0118332_23491914.jpg
f0118332_2349445.jpg
f0118332_2350558.jpg

f0118332_23524018.jpg
f0118332_23534295.jpg

紅葉の美しさ、名残惜しい小屋の姿に何度も何度も振り返りながら歩く。9/6~7の合同保全で作業したところも気にして見て歩く。まだあまり変わっていないけれど、少し堆積が見られるところもあった。来年どうなっているかも楽しみだ。
f0118332_2357750.jpg

f0118332_23573849.jpg

f0118332_23581386.jpg

だいぶ少なくなったけれど、まだ花たちもがんばっている。ハクサンイチゲなんかはまばらとはいえ一面咲いていたりした。
f0118332_23591942.jpg

草の塊がなにか生き物のようでかわいい。
f0118332_2359545.jpg

f0118332_002115.jpg

気持ちよく晴れていたのに、急に雲が広がってしまった。もうおしまい?
f0118332_011327.jpg

この紅葉を取材する方たちが、3つくらい入っていたらしい。
f0118332_021542.jpg
f0118332_023259.jpg

目玉池。と、勝手に呼んでいる。
このまま崩れてしまうのかと思ったら、また晴れてくれて、急いで下るにはもったいない感じ。
f0118332_061185.jpg

大鳥小屋について一服。前日の午前中は曇って紅葉がきれいにみえなかったが、青空バックだときれいに見える。
f0118332_084033.jpg

f0118332_09330.jpg

登山道からすぐのところにこんなにブナカノカがあるなんて、平日で人が少ないからだな。
f0118332_095360.jpg
f0118332_010734.jpg

f0118332_0104361.jpg

にゃんだこりゃ?まるでイソギンチャク。
f0118332_0113740.jpg

これの変化形?
f0118332_012369.jpg

サワフタギは少なくなったような。
f0118332_0124029.jpg
f0118332_013040.jpg

キノコ採ったり、朝日屋さんに報告に寄ったりですっかり遅くなってしまったが、とりあえず帰宅しいすぐシャワー浴びてモンベル山形店オープンにかけつけてみた。
みんなで送った花がりっぱで嬉しくなる。しかし、午後7時も過ぎていたので式典にいらしていたモンベルの大阪本社の方たちはもう帰られた後で会えず。
f0118332_0164999.jpg

広い!閉店まで時間もあまりないので、面積の狭いアウトレットコーナーに絞って、もう5年も前からそろそろ買わないとと思っていた冬用ジャケットをえいやで購入。
カタログとか見ているといつまでも決まらないので、ある中から無理や選ぶ作戦。
混雑がおさまる頃にまたゆっくりと見に行こう。
Commented by morino1200tb at 2014-10-05 21:44
おー、以東岳。凄い!羨ましい!
取材は天狗の石川さん絡みかな。
Commented by akanezumi1984 at 2014-10-06 01:03
できれば紅葉終わらないうちに行きたかったけど、難しいかなと思っていたら、幸か不幸か仕事の予定が四日間から一日に変更されて時間ができたので、Go!
1日は天気予報のわりに曇りとガスで、晴れたのは一時でしたが、2日の朝晴れてくれたのでうきうきと歩いてました。
そのうちBSの100名山で放映されるのではないでしょうか。
by akanezumi1984 | 2014-10-04 23:24 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31