吾妻二日目

前の晩、東吾妻に登るのなら、8時頃出発かと話していたのに、のんびりとお茶飲んだりして9時に。
小屋番さんが鳥子平登山口に送ってくれたので、周回できることに。
f0118332_23325174.jpg

一切経山と違って樹林帯の道。ところどころ泥泥なので、下りより登りで使った方がよいという小屋番さんのアドバイス通りだった。
f0118332_23381530.jpg

f0118332_23383337.jpg

視界の効かない樹林帯を登っている時は青空だったのに、開けたところに出たら曇って来た。
でも、誰もいなくて気持ちよい。
f0118332_23394460.jpg

f0118332_23395681.jpg

f0118332_23401386.jpg

f0118332_23403532.jpg

f0118332_2341117.jpg

f0118332_23412261.jpg

東吾妻のすぐ手前の展望台で、急激に雨雲が広がり、雨が降り出した。すぐ本降りになってカッパを上下着て、カメラをザックにしまう。
それまで人に会わなかったが、山頂から浄土平方面に下り始めたら数組の登山者に会った。
雷も鳴りだして、昼ご飯食べずにそそくさ下山。途中で豆大福一個食べててよかった・・・
浄土平まで下ったら晴れてくるし。
f0118332_2345483.jpg

吾妻小屋に戻る途中の小道でヒキガエル
f0118332_23461550.jpg

f0118332_2346264.jpg

小屋についたら小屋番さんと入れ違いだった。どうやら雨降ったので浄土平に迎えに行ってくださったようだが、こちらはビジターセンターのあるほうには寄らず、まっすぐ小道で小屋に戻ってしまった。
小屋の前のテーブルでランチ。
f0118332_23481820.jpg

しばらくしたら小屋番さんが戻られて、しばしお話。
帰り際に、飯豊本山小屋でしか売っていないバッジと浄土平のステッカーをいただいた。
バッジは小屋番さんがデザインしたのだとか。花の色が鮮やかで、かわいいバッジ。
f0118332_23515315.jpg

f0118332_2352230.jpg

f0118332_23521328.jpg

小屋の内部はこんな感じでした。他に一階に食堂があります。
小屋の前も、小屋から浄土平に抜ける小道もシャクナゲだらけ。ここのは八重咲きだそうな。
シャクナゲの時期に行ってみたいけれど、仕事の忙しい時とかぶるのだよなぁ。
Commented by おばさい at 2014-09-17 09:10 x
落ち着いた雰囲気の小屋ですね。一番上の狭い寝床に泊まりたい。これからの季節はストーブの火を眺めたいですね。
Commented by akanezumi1984 at 2014-09-17 19:30
おばさいさん、木々に囲まれ、いい感じです。実は道路からすぐですが。
ホシガラスだらけでした。
Commented by morino1200tb at 2014-09-18 22:57
この小屋は2度ほど前を通っただけ。
意外と良い感じだったのですね。
仙台からだと近すぎて泊まるチャンスはなさそうです。残念。
Commented by akanezumi1984 at 2014-09-19 00:11
morinoさん、月山でいえば、今は亡き姥沢小屋的な位置ですよね。
by akanezumi1984 | 2014-09-16 23:36 | ほかの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31