三年かかって約束果たした・・・と言ってよいのか?

三年前の9月、一人でふらっと日暮沢昼スタートで竜門小屋に泊まりに行き、翌日大朝日周回した時に、小屋でご一緒した方が、飯豊の小屋番さんだった。
10月小屋に遊びにおいで、はい、行きます!なんて簡単に約束したものの、飯豊は遠いし、きついので、軟弱に天気が確実そうな時をひよっていたら行きそびれた。
翌年もタイミング逸し、昨年はいろいろあって行けず。
そうこうするうち、小屋番さんは飯豊ではなく吾妻の小屋番さんに。
なんと車道から歩いて数分とのこと。
何度かお誘いメールをいただいていたが、花のよい時期は鳥の仕事が忙しく、その後はあちこち痛くなったりしてまた機会を逸していたが、おとといまたメールをいただいたので、よし今度こそと重い腰を上げ、一泊で行って来た。
f0118332_21594638.jpg

もっと遠いイメージでだったが、山形からだと鳥海山の登山口に行くくらいの時間・距離であった。
よくわからず、最初は道路脇の大きな駐車場に車を止めたが、小屋のすぐ近くまで車で行けるのであった。
そして道路をほとんど歩かずに小屋前から小道を通って浄土平に行けるのだった。
てなわけで、吾妻小屋一泊で、付近を散策してまいりました。小屋に行く約束、飯豊本山小屋から吾妻小屋に変更になったけれど、果たしたことになる?
f0118332_22244597.jpg

小屋からシャクナゲだらけの小道を歩くと、樋沼経由で浄土平に行ける。道路をちょいと渡るとすぐ木道につながる。
とりあえず初日は小屋でご挨拶してお茶飲んでから、一切経山へ。
f0118332_22265127.jpg

連休だからか、うじゃうじゃ人がおりました。
f0118332_22274790.jpg

吾妻小富士にも人がうじゃうじゃ。
f0118332_22374592.jpg

f0118332_23194839.jpg

登っている途中、山頂から下ってくる方が、にこにこしながら「今日は魔女の瞳がきれいでしたよ」と話していたのはこれのことか。確かに美しい。山形市に住んでいるのに滅多に蔵王に行かないから、こういう火山のガラガラした眺めや、オオシラビソの景色が新鮮。
f0118332_23214666.jpg

f0118332_2322170.jpg

家形山の方に少し下ってみたが、いつものハイカットのではなく、ローカットの靴にしていたら左くるぶしがあたって痛くてしょうがないので、あまり遠回りするのはやめ、すぐ登り返して鎌沼経由で帰ることに。
f0118332_23262150.jpg

f0118332_23263422.jpg

f0118332_23265339.jpg

f0118332_23273696.jpg

地図に東吾妻山頂の展望が素晴らしいと書いてあって、ちょっと行きたい気もしたが、くるぶしが痛いので小屋に戻る。まだ明日があるさ。
by akanezumi1984 | 2014-09-16 22:38 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー