生き物運はなかったが、十分幸せな朝

斜め向かいの部屋で宴会していて、おっちゃんたちは下界と同じ感覚。酔っぱらってるから周囲への気配りが働くわけもなく、他の部屋が寝静まっていても大声でわいわい。やっと寝てくれたかと思っても、深夜にガラガラっと戸を開け閉めし、トイレの行き来はどすどす歩いてくれるので、やれやれだったが、山にいられるだけで幸せと思い、寝る努力。
四時半に起きて空を見ると、晴れてくれていた!
f0118332_16193998.jpg

f0118332_16195038.jpg

f0118332_1620119.jpg

f0118332_16202166.jpg

f0118332_1621571.jpg

f0118332_16211832.jpg

f0118332_16241668.jpg

影月山を見ていたら、ふわーっとガスがかかり、これはブロッケンが見られるかもねと期待。ちょっと薄かったが、足の長いブロッケンが出現。
f0118332_16253523.jpg

影月山
月山ではビギナーズラックがけっこうあって、遠方から初めて来る知人、友人はたいてい天気に恵まれ、いきなりイヌワシ見たり、オコジョ見たり、ブロッケン見たりして帰る。
昨日はガスガスではあったが、今朝はご来光がばっちり。そして、しょっちゅう来ているおいらはさっぱり当たらないのに、昨日彼女たちだけオコジョとアナグマに遭遇している。
小屋のご飯はおいしい、絶対また来るというわけです。
f0118332_16281369.jpg

うっすらと鳥海山。
f0118332_16283189.jpg

しあわせだねー。いい時間だねー。
f0118332_1630234.jpg

吾妻と会津磐梯山
f0118332_16302628.jpg

f0118332_16302924.jpg

f0118332_16303532.jpg

f0118332_1631266.jpg

以東のかわいい小屋が・・・
f0118332_1633865.jpg

大朝日方面
f0118332_16334269.jpg

f0118332_16335694.jpg

ご来光を堪能して、この超絶おいしい朝ごはん!しーあーわーせー。
この極太で柔らかい月山タケノコは、ここならではです。
と、自分だけ幸せに浸っていてはいかん。昨日は日帰りのつもりで家を出たので、ウサオが餌を食べきっていそうなので、あとはすたこら帰る。
f0118332_16373962.jpg

f0118332_1637517.jpg

雨告山
f0118332_16384176.jpg

こないだネズミ獲りしていたチョウゲンボウがいないと思ったら、今日はノスリがいた。
ネズミが増え過ぎると、せっかく回復したクロユリがまた食われるといけないので、がんばってくれたまえ。
f0118332_16391546.jpg

今日はブナの雫の方を汲んで帰る。
9時ちょっとに姥沢に着き、急いで帰宅。案の定大食漢のウサオは餌を食いつくしていたが、元気で安心。
シャワー浴びてすっきり。
さて、Oさんたちは無事に志津まで歩けただろうか?昨日思わぬところで道を間違えていたようだから、ちょっぴり心配。
Commented by morino at 2014-08-31 18:09 x
いいなー。羨ましすぎます。
仕事の後に飲んだくれていた私とは大違い(^^;)
泊りの月山は魅力的ですねー。
Commented by akanezumi1984 at 2014-09-01 07:29
morinoさん、それはそれで楽しい時間だったでしょうから。
飲んでる時のmorinoさんは、本当に嬉しそうにしてますよ。
Commented by ひしゃく姫 at 2014-09-01 11:52 x
土曜日、時間差で頂上小屋から大雪城方面を歩いていたんですねぇ。私たちはお天気もいまひとつで、お昼は頂上小屋にお邪魔して食べて出発。大雪城あたりの花の凄さに、みんなテンション最高潮に盛り上がりでした。清川の小屋は私たちだけの貸し切りで、楽しい宴会に特大の蛾も多数参加となりました。頂上では素敵な夕焼けが見られたんですね。残念ながら清川では夕焼け見られませんでしたが、夜になり山形方面の夜景を見ることができました。静かな月山を楽しめた二日間でした。
Commented by akanezumi1984 at 2014-09-01 16:35
姫、夕日はガスが切れた瞬間にちらっとだけですよ。雨がぱらついておりました。
夜景と星は見られましたが、それも長くは続かず。
朝がよかったです。
行人小屋しばらく行ってません。行人小屋と念仏はなかなか単独だと行きにくい。神様、仏様につき合ってもらわねば。
by akanezumi1984 | 2014-08-31 16:23 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984