気持ちのよろめくまま月山へ(笑)

昨日、現場から実家に向かう時も眠くてしかたがなく、実家で一休みしてから山形に向かうも、やはり眠くなってやっとやっと帰宅したので、土曜は家でのんびりしていようと思っていたのだが・・・
f0118332_1457611.jpg

洗濯しながらゆっくり朝ごはん食べ、天気予報を見ていたら、天気いまいちの予報と、午後から晴れる予報が混在。本当は月曜あたり月山行こうかと思っていたのだが、月曜天気わるそうな・・・
東京の友人が土曜に山頂一泊と言っていたし、まぁ顔を見るだけでも行こうか?頂上小屋の方の好物のお菓子も買ってあるし・・・と、やおら日帰りで山に行く準備を始めた午前9時(笑)
パン屋に寄って姥沢着が11:30。ガスガスで寒い。午後も晴れない気がするが・・・パン大量に買ったし行くしかあるまい。リフト乗ってる間におにぎり食べて、歩き出しが12時ちょっと過ぎ。
こんなガスならオコジョの可能性あるかもと視界悪いが姥経由にしてみたが、日ごろの行いが悪いのか会えません。でも、真っ白なガスの向うからほら貝の音が聞こえてきて、来てよかったなーと。
f0118332_1521522.jpg

アカモノ
f0118332_1523189.jpg

オヤマリンドウ
f0118332_1524316.jpg

金姥を降りて行くと、秋の峰入りの山伏のご一行がご祈祷されていました。一区切りしてほら貝が吹かれ、湯殿山に下って行くのを遠くから見送ってから進みました。
f0118332_1545470.jpg

ウサギギク
f0118332_1542543.jpg

花も雪渓もまだまだがんばっておりまする。
f0118332_15133111.jpg

今日は大雪城まで行きたかったので、頂上小屋には後でゆっくり寄ることにしてまずは大雪城へ。東京のOさんたちはまだ到着せず。
f0118332_1581816.jpg

f0118332_1583035.jpg

f0118332_158945.jpg

f0118332_159498.jpg

東万年雪もまだまだ大きいので、ここでナイフで雪を削ってちびうさ奉納。
f0118332_1595875.jpg

f0118332_15113317.jpg

f0118332_1511586.jpg

f0118332_15135553.jpg
f0118332_15142991.jpg

もう一つ下の雪渓はさらに大きい。この大岩のあたり大好きな場所。
f0118332_1515666.jpg
f0118332_15153010.jpg
f0118332_15161931.jpg
f0118332_15163783.jpg

f0118332_15193361.jpg

ミヤマコゴメグサ
f0118332_15203660.jpg

ガンコウラン
春、夏、秋の混在する誰もいない空間を楽しんでから、登り返したが、まだちょっと時間あるかなと腰をおろしてオレンジ食べていたら東京のOさんとYさんが降りて来た。
しばし話をして、この時点ではまだ下山するつもりでいたので、先に小屋に戻る。4時に小屋に戻って、30分お茶して下山の予定だったが・・・
f0118332_1523367.jpg

f0118332_15232196.jpg

f0118332_15233898.jpg

お友達も来てるんだし、泊まってったらいいじゃないのー、の言葉にいやいや、でもウサオが、とか、泊まる準備してきてないしとつぶやきながらも、もはや心は完全によろめいてしまうのでした。
f0118332_15252278.jpg

濃霧で、少し雨も降り、諦めていた夕陽が、夕食時に一瞬ガスが切れて見えました。
by akanezumi1984 | 2014-08-31 15:20 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984