7・9

昨夏は、7・18南陽市豪雨災害だったが、またしても・・・
7・9南陽市豪雨災害ボランティアセンターが13日開始で、今日その準備が始まると聞いていたので、仕事が終わってから南陽市へ。(今日は昼までの仕事だった)
昨日からあまり降っていないのに、白竜湖周辺はまだ水浸しだった。車を止められなくて写真がないが、ニュースで見た方も多いはず。
南陽市長寿センターと隣接する市民体育館に行ったのだが、そこに至る街中もいたるところで住居や商店前の泥かきをしている市民の姿が。
山沿いは土砂崩れが多く、川沿いは破壊が目立つが、赤湯地区は広範囲にわたって静かに泥水に浸かったようで、瓦礫とか土砂ではなく、もったりと泥が堆積しているようです。
目的地の駐車場も泥かき中だった。
f0118332_21514545.jpg

f0118332_22143995.jpg

とりあえず、ボランティアセンターに使う体育館のブルーシート張りのお手伝いに途中参加。
いちいち靴や長靴を脱がなくていいように土足仕様に。
あともう少しのところで3時になり、休憩に。車に水を取りに行って戻ったら誰もいない・・・
しばらく一人で休憩していたが、ずいぶん長く誰も戻らない。どうやらそのまま会議が始まったらしいので、一人で最後の少しを終わらせ、駐車場の泥かきを一時間ほど応援してから帰宅した。
f0118332_21583746.jpg

f0118332_21585514.jpg

ここの主力部隊はシルバー人材センターの方たちと、南陽市社協のみなさんでした。
おいらは2時過ぎからちょっとお手伝いしただけだが、みなさん朝からずっと作業をしたり、いろいろな手配をしていたのでしょう。社協の方たちは9日夜の避難の時から対応されていて、避難所にもなっていたこの建物周りは長靴を越える水量だったとのことだった。

ボランティアセンターは、13日の日曜から受付開始予定。

ボランティア申し込み専用番号は、080-5070-9876

お問い合わせは、080-5070-9535

場所は南陽市赤湯212-1 南陽市長寿センター隣の「赤湯市民体育館」です。
体育館があまり目立たないので、長寿センターを目指して、その東側に体育館があります。
駐車場があまり広くないので、なるべくなら乗合で。
団体やグループでボランティア希望の方は、できれば電話で確認の上行かれた方が助かると思います。

少しの力も集まれば大きいし、早く終わります。
同じ人がずっと続けてやると疲れがたまるし、精神的にもきつい。たくさんの人が少しずつ協力できたらよいなと思います。
f0118332_22103339.jpg

by akanezumi1984 | 2014-07-11 21:49 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984