6/9の月山花だより

f0118332_9193957.jpg

個人的に「晴れの特異日」と思っている6/2が当初あいていて、しめしめ山に行けると喜んでいたら、9日の週の仕事が6/2-3にずれてしまった。
案の定その二日間は天気よかったなぁ。結果的にはそこがウェーダー着て川をじゃぶじゃぶ歩かなければいけない仕事だったので、梅雨入り前でないとできなかったのでよかったのだけれど。
しかし、例年6月頭に見ているヒメイチゲは見逃したかな・・・
仕事がずれて、今週は空きができたので、6/9月山の花チェックに出かけることにしたが、ガスガスなので、まずはモリアオで遊んでから。
昼近くになって、ガスが少し上がって行く感じがしたので、姥沢に行ってみたが、姥ヶ岳からはがっつり濃霧。
姥沢からリフト乗り場までのごく一部の雪が切れ、スキーのキャリーサービスは6/9で終了とのこと。
沢コースはまだまだしっかり埋まってる。
f0118332_9205082.jpg

リフトの架け替えは6/17-19で、その間はリフトが使えません。20日からは下りもリフトに乗れるようになります。次の日曜(15日)まではリフトの位置が高いので、怖い人は怖いかも。
f0118332_92441100.jpg

この時はまだ姥下部は少し視界があったけれど、下るころは完全にホワイトアウトだった。
f0118332_9254471.jpg

月曜でも駐車場にはけっこうな車があり、リフト乗り場もそこそこ賑わっていたが、登山者はいない。
f0118332_9264687.jpg

姥ヶ岳の看板はまだ取り付けられていなかった。
姥周辺は、まだ花は少なく、ヒナザクラ、ミツバオウレン、ミヤマキンバイがちょこちょこあるくらい。
f0118332_9273561.jpg

姥と金姥の間のハクサンイチゲはだいぶ咲いていた。木道の間の笹の中にシラネアオイがぽつりぽつり。
f0118332_9293923.jpg

金姥の下りは、まだ4mくらいの壁が残っていて、かなり神経を使います。土日だとトレースがついているかとは思いますが。登りはまだいいですが、下りはねー。
f0118332_9321866.jpg

ミヤマウスユキソウ
f0118332_9324461.jpg

装束場への分岐のミネザクラは満開だった。
f0118332_9332318.jpg

f0118332_9333670.jpg

お目当てのシラネアオイは思った通り満開。シラネアオイの咲いているところのミネザクラは終了。
たまーに同時に咲いている年もあるけれど、たいてい桜が早くて、足並みそろいませんな。
f0118332_93544.jpg

ハクサンイチゲ
f0118332_9353469.jpg

ミヤマキンバイ
f0118332_935492.jpg

ハクサンチドリ
f0118332_9364326.jpg

チングルマ
f0118332_937554.jpg

コイワカガミ
f0118332_9374112.jpg

カヤクグリも戻っています。この時期雪渓で凍死している虫をよく食べている。
f0118332_9382789.jpg

ヒメツチハンミョウ散歩中。歩くのが速くてなかなか止まらないので、ちょっとごめんして手でストップかけたら手乗りになってしまい、今度はなかなか石に戻せなくなったが、特になにも分泌されず。
実は猛毒の持ち主だが、捕まえても毒液出されたことはない。でも、出すこともあるかもしれないので、触らない方がよいでしょう。
f0118332_9422132.jpg

ヒメイチゲは終わっていた・・・
f0118332_943525.jpg

タゴさんですかー。
f0118332_9434683.jpg

雪しかないところだと、全然わからなくなるので、木道にちびうさ設置。
さて、視界も悪いので柴灯森までの花を見たらとっとと帰りたいのだが、木道から先は本当になんにも見えなくてあーあな感じ。とりあえずアイゼンつけて、まっすぐ下る。スキーの練習用ポールとか、Tバーリフトが見えたら安心。
ほんとになんにも見えないので、スキーのトラバースコースとロープの間を歩いて下山。やれやれ。
f0118332_9495237.jpg

休館日の博物園のブナ林にちょっと寄り道。駐車場のところのリュウキンカが咲き始めた。
f0118332_951742.jpg

昨秋はブナが豊作だったので、ブナの実生だらけ。ほとんどは日が当たらなくて育たないけれど。
f0118332_9521483.jpg

ヤマナメクジ、この日はちびっこしか出会えず。
この日、ここでの目的はブナ林の中の小さな池のクロサンショウウオの産卵だったが、例年6月の宙ジャンなので、ちょっと早かったみたい。一匹もいないし、卵塊もなし。
キツツキの雛の鳴く声が絶え間なく聞こえるので、きょろきょろしたら巣穴があった。
穴の大きさからアカゲラだろうか、アオゲラだろうか、たぶんアカゲラかなーと考えながら眺めていたら、背後から嘴いっぱいに虫をくわえたアカゲラが飛んで来て、やっぱりアカゲラだったかと喜んだが、警戒されて巣穴に入らず去ってしまった。ぼーっと巣の近くにいて邪魔してしまいました。
f0118332_9572825.jpg

ちょっと前まで雪ばっかりだった博物園のブナ林もすっかり初夏。(まだ雪はありますが)ウラジロヨウラクやコヨウラクツツジも咲きました。
f0118332_9582996.jpg

こんな花あったっけ?地面にたくさん小さな花が落ちていて、束の間悩んだが、あっ・・・そっか、トチか。
f0118332_1004281.jpg

エゾハルゼミの抜け殻もそこかしこに。
f0118332_1011334.jpg

写真では立派に見えてるコクワガタ。実はちびすけです。
f0118332_1015932.jpg

エゾエンゴサクがたくさん咲いてきれいでした。
湧水付近のユキザサやサンカヨウはまだ咲いていなかった。
この後、トウホクサンショウウオの産卵をずーっと眺めて、一人しあわせに浸ってから帰った(笑)

博物園のトレールは、ちょっと行かない間に劇的に夏道が出ていましたが、これまで自由に歩けていたところが藪や小沢で歩けなくなり、出て来た夏道には寝起きの木がかぶさりまくりで、歩きにくい状態になっております。
でも、ブナの森は暑い日には涼しく、雨の日にはしっとりと格別美しいです。
Commented by morino1200tb at 2014-06-10 23:26
いよいよ花の月山になってきましたね。
さて、今度はいつ行こうかな。
Commented by akanezumi1984 at 2014-06-11 09:52
morinoさん、まだまだ雪ばっかりで、コースガイドもスキー用のしかないので、天気を選ばないとだめですね。
7/1が山開きなので、それ以降はロープ設置されますが。
by akanezumi1984 | 2014-06-10 09:18 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30