楽園で充電

このところ休みがあまりなくて、山になかなか行けない。でも、ゆっくりもしたい。
てなことで、また朝は家でゆっくりとご飯食べて、ミルクティーなんぞも飲んでのんびりしてから、昼近くなって腰を上げるのであった。
毎年6月頭に稜線の花チェック始めて、できれば毎週行きたいのたが、今日のところは、そろそろ藪がたって行けなくなってしまう楽園優先。
f0118332_2312485.jpg

暑い日が続いて雪がどんどんなくなっている。
f0118332_2312327.jpg

f0118332_23125880.jpg

f0118332_23131058.jpg

橋を渡って一登りでリュウキンカ沼へ。
f0118332_2314288.jpg

雪上藻。
キビタキのさえずりを聞きながらブナ林を抜けて楽園目指す。
f0118332_2315962.jpg

f0118332_23152181.jpg

f0118332_23153982.jpg

もうこんなに雪がなくなった。
f0118332_2316858.jpg

f0118332_23162553.jpg

f0118332_2316544.jpg

f0118332_231725100.jpg

f0118332_23174755.jpg

スキー場は賑わってますなぁ。
ぽかぽかの雪原で花を眺め、水の音、鳥のさえずりを聞きながら、熱い紅茶とどっしり重いケーキでまったり。魂抜けました。これで明日からのきつい仕事がんばれる。
f0118332_23183799.jpg

大きなオスの熊くらいある石が!
f0118332_2319654.jpg

橋に腰かけて、しばし雪解け水の豪快な飛沫を眺める。
f0118332_23203210.jpg

f0118332_23205330.jpg

夏道がところどころ出て来ました。ただし、寝ていた木が起き始め、それが道をふさいで歩きにくい時期です。
f0118332_23221987.jpg
f0118332_23224065.jpg

通り道だったのに、ヤマアカガエルの産卵に気づかず通過していた。車に戻って荷物片付けていたら、博物園のスタッフが集まって観察し始めたのに気付き、おいらも撮影。産卵自体は終わっていて、カエルはオスばかり。また卵でお腹ぱんぱんのメスが来るのを待つのであろう。
f0118332_23243577.jpg

毎年見ているモリアオの池は、鳴き声はするもののまだ卵はなし。一雨降ってからかな?写真はクロサンショウウオの卵。
f0118332_23253562.jpg
f0118332_2325463.jpg

雪の上で動けなくなっていたブナアオシャチホコとハバチの類の幼虫を、余計なお世話ですぐそばで雪のないところに移動してきた。特に恩返しはないでしょう。
帰り道、もふもふした生き物のいるところに寄り道し、さらにチャージ。
ご機嫌で帰宅。あ、明日の準備まだだった・・・
by akanezumi1984 | 2014-06-01 23:29 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー