午後からチャージ

仕事のデータを送るのを、昨夜はタケノコにかまけてすっかり忘れていたため、今朝になってパソコン仕事。
しかも、ファイアストレイジの方が自分は楽なんだが、宅ファイルでとの指定で、まず登録から。
昨日天気予報を見たときは、日曜は晴れそうだったが、どんより灰色の空なので、このまま家でのんびり休んでいようかとも思ったが、今日を逃すとまた6日連続で仕事で、その後も一日しか休みがなくて現場なので、雪や植物の様子が変わり過ぎてしまう。
というか、雪が見たい(笑)
f0118332_19362185.jpg

出遅れついでに、密林にあれこれ注文してから昼に着くように出発。ゆみはり茶屋に直行し、とんバーガーでランチ。いつもホットドッグだったが、とんバーガーもおいしいなぁ。おすすめです。
ささっと食べて博物園に行ったら、ウサオシッターさんたちがいて、しばらく立ち話していて、歩き出しは1時過ぎました(笑)
f0118332_19384741.jpg

おはよう!若者たち。ようやく雪の布団から出られたね。
f0118332_19392926.jpg

まだトレールは尾根道しか出ていない。あとは雪ばかりだが、尾根だけ花が咲いている。
f0118332_19401281.jpg

午前の案内が終わり、午後の案内が始まる前で、森にはほとんど人がいなくて静か。
f0118332_19405962.jpg

2月の長野遠征で、ちびうさ長野県支部ができ、弟子たちが長野でちびうさ作りまくっているので、本家でも作らないわけにはいきません。いや、誰がどうだろうと関係なく自分が作りたいだけだけど。
f0118332_19423941.jpg

案内コース付近に移動させておいたら、午後案内の方が気づいてくれたようです。
f0118332_19431283.jpg

f0118332_19432812.jpg

降りそそぐようにキビタキとヒガラがさえずる森の中。根開きで餌をとるキビタキのオスを見ていたら、もう一羽来て追いかけっこ。あれ、まだ縄張り決まってないの?と思ったが、もう一羽はメスだった。
口いっぱいに巣材をくわえていた。(ピント合ってないけど一応アップ。オスは撮れなかった)
f0118332_19474311.jpg

f0118332_19475947.jpg

この時期おすすめの周海沼。雪が水中に沈んでいるところが青く見えてきれいなのだ。雪と木々が映り込むのも美しい。
f0118332_1949476.jpg

カメラマンにも毎年人気の新緑と雪。
f0118332_19495461.jpg

f0118332_1950827.jpg

f0118332_19501957.jpg

f0118332_19505791.jpg

写りこまないように高巻きしていたら、いつの間にかカメラマンさんがきわどい位置に!
f0118332_19515741.jpg

うわー、きわど過ぎますよ。見ていてひやひや。わんこも心配そう。水深は浅いから落ちても死なないけど、カメラが逝ってしまいますよ。分厚い雪ならゆっくり沈むけれど、薄いとぱきっと一気に行くから、よいこは真似しないでください。
f0118332_1955179.jpg

雪の上に小さなピンクのふかふか。久しぶりに見たなぁ。ブナハアカゲタマフシ。虫こぶです。
f0118332_19555825.jpg

f0118332_19561874.jpg

周海沼から大門海に出ました。
f0118332_1957636.jpg

第二ちびうさ。
f0118332_19573751.jpg

ここのブナも好きなのです。斜めの木に腰かけて、暖かいミルクティーで休憩。
f0118332_19583570.jpg

足元が緑色のしみみたいなのは、雪上藻。
f0118332_19591757.jpg

去年はブナの実が豊作だったから、雪がなくなったらブナもやしがたくさん生えるだろう。
f0118332_200334.jpg

晴れてはきたけれど、空が青くならないね。
f0118332_2004792.jpg

f0118332_2011170.jpg

ここのトラバースは少し長いので、嫌なところ。
f0118332_203644.jpg

ああ、やっぱり原生林はいいなぁ。そしてやっぱり雪が好き(笑)
明日から水曜までは、7時~15時の現場。実家からの方が近いので、これからウサオ連れて実家に向かう。もう夕食もシャワーも済ませたから、行ったら寝るだけー。
集合時間が6時半だから、5時半に出れば間に合うかな。
山形からだと4時半に出ないといけないから、一時間ゆっくりできる。
by akanezumi1984 | 2014-05-25 20:04 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31