秋田二日間の現場終了

帰宅が遅かったので、更新が翌日になりました。
いつも行ってる秋田の現場とは別の、初めて行く現場二日間でした。
f0118332_2249952.jpg

川辺の地点で、ずっと足元の護岸の縁をちょこちょこしたり、ピピピピと賑やかに鳴きながら追いかけっこしたりと落ち着きのない鳥ですが・・・
f0118332_22511155.jpg

堤防道で餌を食べている間は物静かで、あくびまでしてのんびりでした。
f0118332_22524270.jpg

f0118332_2253086.jpg

以前は一般種扱いだったコチドリが重要種になったそうで、一応いそうな場所をチェック。んん?いるか?
f0118332_22543452.jpg

イカルチドリの方でした。
f0118332_2255949.jpg

背後はこんな景色。うららかに見えるけれど、二日とも風が強くて寒かった。
f0118332_22555292.jpg

近くの杉林の林床にはキクザキイチゲが。
f0118332_22562688.jpg

寒くても恋する二人には関係なく・・・
f0118332_22571698.jpg

f0118332_22572931.jpg

旅の途中のノビタキたちが二日間留まり、栄養補給。
f0118332_22581088.jpg

かわいいのでもう一枚。黒頭巾ちゃんが♂。♀は地味。
f0118332_22585832.jpg

f0118332_22595378.jpg

集合場所の小さな駅の近くに「ミズバショウ群生地」の看板があったが、どうせ山道に入らなければならないだろうから、時間がないと行けないかなと思っていたのだが、駅舎に「駅から徒歩15分」と書いてある!
そんな近いのか?!解散後、どのみち通る道だし、そんなに近いなら寄ってみようと思ったら、車で走り出してすぐ左手にどばっと咲き乱れる湿原が見えました。
国道から丸見え。駐車場があって、国道から一段降りて駐車場。そこから徒歩で一段降りるとすぐ湿原の木道。道路脇のコンビニに行くくらいの距離感でびっくり。
時間がなくて、そそくさと歩いただけだけれど、ちょうど一番いい時期に見られてラッキーだった。
その後、眠くて死にそうになりながら、なんとか実家の町にたどり着き、ラーメン食べて、実家にちょっと寄って仏壇の花チェックして線香あげて、山形へ。
そろそろ暖かくなって仏壇の花も傷んでるかもと思ったら、一か月前に買った花もほとんど元気だった。
山形着は午後10時を過ぎていたけれど、ウサオシッターさんが大丈夫と言ってくれたので、ウサオの引き取り。そこでずいぶん立ち話してしまって帰宅は11時過ぎに。
by akanezumi1984 | 2014-04-18 23:08 | 仕事 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31