一本ブナ~ごがらみ~志津野営場

もう一度花を見に行きたい気もしたけれど、晴れそうなのでおらいの山へ。
朝のうちは天気よくないので、またゆるゆると遅めに・・・
f0118332_238964.jpg

途中国道でも車があおられまくる強風。志津もびゅうびゅうで寒い。稜線はやめて森にしましょう。
f0118332_239592.jpg

スタートが遅かったので、一本ブナで昼食。近くにちょうどいい今だけ限定のベンチがありました。
f0118332_2310871.jpg

もちもちのしけった新雪があるので、ごろごろ転がしてでかうさを作りました。木の大きさ、でかうさの大きさがわかるように、セルフで自分をスケールに撮影。鼻がとれたので付け直してます。
f0118332_23111353.jpg

f0118332_23112461.jpg

ふわふわの大きな羽。端がクリーム色なので、ノスリかも?
f0118332_23121976.jpg

リスの足跡だらけ。
f0118332_23124642.jpg

ごがらみに向かって登って行くと、風が当たる急斜面はガリガリ。ゆるくなるとパックされたもちもち雪に。
f0118332_23134819.jpg

f0118332_23135963.jpg

だんだん曇りがちに・・・
f0118332_23142381.jpg

ゴジュウカラ。
f0118332_231547.jpg

f0118332_23165171.jpg

カラ類やアカゲラなど見ていたら、ブナの高いところにヒメネズミも発見。小さな足をふんばり、木の隙間をほじくり返して食べ物を探していた。あちこち体勢を変えながら奮闘。その後だんだん高いところに行き、どこか隙間に入ったか見えなくなったが、しばらく楽しめた。
f0118332_23173372.jpg

f0118332_23175243.jpg

適当に下っていたら、また一本ブナのあたりに出たので、志津野営場の雪をチェックすることに。
f0118332_23185549.jpg

橋です。
f0118332_23191929.jpg

f0118332_23201025.jpg

炊事棟と思われるこんもりは、ちらっとだけ屋根が見えていた。
f0118332_23222611.jpg

東屋は壁がない分、出てくるのが早い・・・が、まだ屋根は立っている雪面よりかなり低い。
f0118332_23234016.jpg

オシドリカップルがいたが写真は撮れず。
f0118332_23242867.jpg

冬用トイレは、今ちょうどいい雪高さですよ。(ドアは二階にだけある)
f0118332_23251845.jpg

まだ雪壁高くて、どこから上がって、どこで降りるか考えて行動しないといけません。
f0118332_23263531.jpg

姥沢行きがもう少し早くからあるといいですね。せめて8時台に。千円駐車場払って姥沢に戻るより、500円のバス代で下りは志津まで歩いたり、滑ったりできた方が楽しめる。
f0118332_23272189.jpg

帰り道、中山でイタチがひかれて死んでいた。春になって生き物たちの行動が活発になり、ロードキルが増える時期。
自分もついついスピード出しがちだから、気を付けないと。
by akanezumi1984 | 2014-04-07 23:28 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984