雪旅籠2014始まりました

去年は泣く泣く製作段階に行けなくて、最終日近くにやっと補修とちびうさ追加くらいしかできなかったが、今年はぎりぎり開幕日の作業に駆けつけることができた。
実は今日は兄貴の命日なのだが、昨日実家で仏壇に花とビールとケーキでお参りしたので許してもらうことにする。
f0118332_0334565.jpg

初めての方はびっくりするこの積雪。ここでは毎年のことです。そして、弓張は地吹雪地帯。今日も時々ホワイトアウトになって、通る人をびびらせておりましたが、うわわっと思っても落ち着いてスピード落とせば、すぐまた見える瞬間は来ます。
f0118332_0354333.jpg

作業も追い込み。寒い中、みんながんばっています。
f0118332_0362199.jpg

チェーンソーは必需品。雪は固くしまるので、チェーンソーで切り込みを入れないと効率よく掘れません。
f0118332_0402626.jpg

壁一面使って干支の馬を作れとの監督からの指令で、とりあえずチェーンソーで枠取りと、大まかなライン切って、剣スコで掘る。馬が好きで子どもの頃よく絵を描いていたから、手本とか下絵なしでいける。
狭いところはピッケルとノコギリが有効。
f0118332_0445771.jpg
f0118332_0452049.jpg

ぽれぽれさんからも助っ人が来てくださり、一人はウーフで滞在中の台湾女性。現場監督がチェーンソーでアウトライン掘ったあと、きれいに掘り込みをしてくれました。そのあとは隣の空間でおひなさまも。
f0118332_047207.jpg
f0118332_0475578.jpg
f0118332_0481985.jpg

監督の「このへんさ、こんな感じで」という非常にざっくりな指示だけで、各自、自分で考えて黙々と作業を進める。設計図などない(笑)それぞれがそれぞれの持ち味を出すのがいい。
f0118332_0522361.jpg

担当の馬、こんな感じに仕上げた。ピッケルで大きさがわかるでしょうか。
f0118332_0532251.jpg

夕方になり、風防とろうそくを並べ、灯をともし始めてから、暗いところにろうそくを置く窓を追加していたら、いつの間にか人がいなくなり、外から花火の音が・・・
そういや今年は花火が上がると言ってたっけ。出遅れて半分しか見られなかったけれど、久しぶりの冬の花火にわくわく。
f0118332_0565128.jpg

監督の文字掘り、毎年いい仕事するんだよねぇ。
f0118332_0571921.jpg

おいらの馬は、こんな風に浮かび上がりました。下にろうそく置くともっと映えるのだが、馬が融けてしまうので、あまり近くにろうそくを置けないのが難点。
f0118332_16870.jpg

もちろん、ちびうさも必須。毎年、この前でお客さんが「かーわいいー!」と歓声をあげてくれるのを聞くのが快感なのだが、かわいいをもってかれる強敵あらわる(笑)
f0118332_0574091.jpg

こちらも恒例、山おやじさん作の姥様。
f0118332_101527.jpg

ぽれぽれ助っ人チームによるおひな様。
あ、恒例の監督作の縁結び地蔵の灯をともした後の写真忘れた・・・
自分たちの旅籠の点火と、撮影が終わったらよそをゆっくり見学。
f0118332_12369.jpg

f0118332_133971.jpg
f0118332_135347.jpg
f0118332_141144.jpg

雪旅籠、おいらたちの旅籠だけ月山こよなく愛して年中このエリアで遊んだり、働いたりしているメンバーで作っていますが、ほかは芸工大の学生さんたちの協力で作られていて、さすがアート系の若者たちなので、素敵なデザインがあちこちに。
f0118332_11134.jpg

昔の旅籠の街並みを雪で再現するというこのイベントで、ちょっと異質だが、ろうそくな暖かい灯りと対照的なクールな美しさも好評なアイスバーも恒例です。
f0118332_112660.jpg
f0118332_1122530.jpg
f0118332_1124331.jpg

お泊りの人や、運転手でない人は、ここでホットワインなど飲めます。
f0118332_1132942.jpg

凍えた体にありがたい暖かい飲食のコーナー。ただし、来週の平日はお休み。土日はやってるそうです。
f0118332_1159100.jpg
f0118332_1152129.jpg

寒いので、暖かい服装でお越しください。3/2までの毎日夕方点灯されます。
Commented by きく at 2014-02-22 23:23 x
いいですね、ゆきはたご。
月山の冬はこうでなくっちゃ、ですね。
見るほうも凍えて痛いんでしょうけれど。
明日の地面だし、ご健闘?お楽しみ?を祈ってます。
Commented by akanezumi1984 at 2014-02-27 01:01
きくさん、暖か過ぎても旅籠がよれよれ、雪像がやせ細るので、寒い方がよいのです。
でも、吹雪くとろうそく消えるし、お客さん大変なので、外のイベントは難しいですね。
地面出しはいい感じの位置をキープしました。
by akanezumi1984 | 2014-02-22 00:31 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30