ぶし沼~焼山尾根

f0118332_21282226.jpg

車のフロントガラスがアートな朝。
晴れるぞと思って昨夜から楽しみにしていたが、朝見た予報は午後から曇りに変わっていて、志津のライブカメラもどんより暗い。外に出て見ても、おらいの山は雲の中。
一瞬、蔵王の樹氷を見に行こうかとも思ったが、やっぱり月山へ。
f0118332_21312481.jpg

志津に着くころには山も晴れてた!
f0118332_21315358.jpg

f0118332_2132665.jpg

f0118332_21321968.jpg

さほど沈まないが、行きは体力温存と思ってトレースをたどる。たぶん一番手はndanassuさんかな?
その後を何人かスキーの方。スノーシューの跡もあるのはボーダーさんか。
大部分は姥方面なので、どのみちこちらは静か。
f0118332_21354650.jpg

f0118332_2136420.jpg

時間的にも、雪の具合からも、今日は湯殿山頂まで行けるかと思って歩いていたけれど、風が強くなり、山頂付近はすごい雪煙。この後どんどん空が白くなる。
f0118332_21392246.jpg

このまま天気悪化なのかもと思い、早めの昼食にして、進路をぶし沼に変更。
f0118332_21401468.jpg

f0118332_21403195.jpg

すっかりモノクロな世界になってしまいました。
f0118332_21411980.jpg

f0118332_21423410.jpg

f0118332_21425097.jpg

焼山尾根に裂け目ができていた。穴はけっこう深そう。
f0118332_21434822.jpg

f0118332_21441310.jpg

姥方面からの歓声が時折風に乗って聞こえるけれど、こちらは誰もいなくて独り占め。
f0118332_2145421.jpg

皮松谷地で山を見つめるうさ。なんだかすっかり穏やかになって、上まで行けたんだったか?
なんて湯殿を眺めていたら、普通は人が歩かない方の稜線に黒いものが・・・
f0118332_21473415.jpg

だいぶ離れてしまったので、双眼鏡でも遠いけれど、カモシカの親子とわかる。
f0118332_21483782.jpg

望遠で撮ってトリミング。結局親子は山頂を越えて姿を消した。
f0118332_215039.jpg

f0118332_21503794.jpg

f0118332_21505937.jpg

皮松谷地から博物園の裏手の尾根に出たら、ホザキヤドリギの実がたくさんついていた。
普通のヤドリギより数が少なくて、このへんと弓張の一部でしか見たことがない。
道路の分岐の青看板は、先週は手が届いたのに、届かなくなっていた。だいぶ雪が沈んでしまったようだ。
Commented by きく at 2014-02-02 22:32 x
ああ、すばらしい雪景色よ。
いよいよ雪本番ですね。
こういうシチュエーションの中、滑ってみたいものです。
ヤドリギに群がるレンジャクの群れも見たいです。
早くスキーを復活させないと。
Commented by akanezumi1984 at 2014-02-03 00:08
きくさん、ここに集まる人たちの雪シーズンは11月からがっつり始まっておりますが・・・
by akanezumi1984 | 2014-02-01 21:53 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31