男鹿水族館で撮った動画

水中を飛ぶペンギン

高窓におもちゃを隠し、背面で取りに行くのがマイブームな感じのみるく。

母のくるみも負けじと遊ぶ。

ケーキよりおもちゃのみるく。母くるみはとりあえず食べてから遊ぶ。

父豪太は国内で最大のホッキョクグマということで迫力があり、力強い。広い運動場を親子か使っていて、豪太は狭いところにいるので、ちょっと気の毒。みるくがいなくなった後は、また広いところに戻れるかな?

なにか言いたげなゴマフアザラシ

ん?そうじゃなくてよ。んねじゅ。んーねーじゅ。うんうん、わかればいいって。んじゃねー?
Commented by きく at 2014-01-29 09:28 x
ペングインもシロクマもゴマフも生き生きしてますね。
健康で幸せそうです。

水中ペングインはトリだったと思いますね、
トリはやっぱり飛ばないとね。
名港水族館ではペングインは縦にぐるぐる泳いでました。
もう何年も行ってませんが。
Commented by akanezumi1984 at 2014-01-29 20:39
きくさん、水族館も動物園も昔に比べ、見ている人が楽しめる展示、飼育されている生物のストレスを減らす展示になってきていますよね。
ペングィン(発音いいすね)が縦にぐるぐる泳ぐというのは、水深が深いんですかね?
北海道の旭山動物園にもペングィンの行進が見られる時期に一度行ってみたいものです。
Commented by きく at 2014-01-30 00:49 x
旭山、いいですねえ。
真冬がお薦めでしょうね、ペングインの行進には。
眼がニワトリちっくでちょっと怖い。 

ペングイン池は浅くて水平方向に広いため水平方向にぐるぐる泳いでるのが一般的ですが、
名港のはそれが縦になってて水平方向が狭くて水深方向に深い(15mくらい?)ため、縦向きにグルグル泳いでいて、眼から鱗でした。
by akanezumi1984 | 2014-01-27 16:20 | 生き物 | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30