相棒と森へ・12/22

f0118332_1549151.jpg

二階に泊まったら、ぬくぬくで寝袋いらないほどだった。昨夜の鍋の残りや漬物に、納豆で朝食。
納豆に白菜の漬物を刻んで入れてあるのがさっぱりしておいしかった。
コーヒーやお茶など飲んでいると、このまま薪ストーブぬくぬく空間でまったりするだけでもいいやと思ってしまうが、せっかく山の近くにいるので、出動します。
f0118332_1549730.jpg

昨日の雪だるまが雪をかぶってこんな姿に。
f0118332_15491381.jpg

片側交互通行の信号にも雪囲いがされています。
f0118332_15492035.jpg

志津から元月山荘方面に向かうと、寄り添う鶴のようなブナがある。んんん、左の鶴の背が現在ちょうどいい高さだんねが?
f0118332_1549268.jpg

ということで、久しぶりに相棒お得意のお昼寝熊のポーズ。
f0118332_15493569.jpg

f0118332_15494379.jpg

f0118332_15495271.jpg

特にどこと目的地を定めずに雪景色を楽しみ歩く。はじめ雪が軽くてふわふわパウダーだったので、野営場から一本ブナの登りあげようかと言っていたが、だんだん雪が重くなってきてやめ、東屋の中に入ってティータイム。
f0118332_15495956.jpg

f0118332_15502085.jpg

この日は光の加減で雪の穴が青く見えて、とてもきれいだった。
f0118332_15502728.jpg

博物園に向かう。沢を渡れるところを探していると、ちょうど橋になっているところがあったので慎重に渡る。
先に渡って確認したら、ブナの倒木だった。
f0118332_15503663.jpg

f0118332_15504745.jpg

f0118332_15505211.jpg

ネイチャーセンターの屋根雪が地面とつながっていたので、調査。大丈夫そうな気がしたけれど、今日のところは屋根に登らないことに。
f0118332_1551088.jpg

f0118332_155197.jpg

沢添いを少し歩いて、渡れるポイントがあるか探ったが、リュウキンカ付近まで行かないとだめそうかな?
f0118332_16101656.jpg

まぁでも、十分楽しめたしと、沢を渡るのは諦め、本日の雪だるま。少し重くなったとはいえ、しけった雪ではないので整形が難しく、珍しく短い耳にしてクマバージョンになりました。(相棒が一緒の時は眉毛がつく)
f0118332_16124786.jpg

おやつしか持って行かなかったので、里に下りてなにか食べよう。
たまに西川で食べるとなると蛙の子で山蕎麦のパターンなのだが、昨夜山菜、キノコ三昧した直後なので、そんなに山菜渇望してないしねー、普通の定食みたいなのでいいか?と、以前相棒が行ったことがあるという店に行ってみようとしたら休み。
それではと、だいぶ前に一度行ったことのある蕎麦屋さんへ。
f0118332_16164836.jpg

新蕎麦の十割蕎麦に、天ぷら盛り合わせを二人で分けて。うまいっ!
f0118332_1618647.jpg

廊下側に座っていたのだが、なにか来たと思ったら、すぐ外をオスキジがとことこと・・・笑
Commented by ゆづ at 2013-12-23 20:10 x
納豆に白菜の漬物の組み合わせとは、知りませんでした。
いつか試してみます。あかねずみさん、よく納豆を食べてらっしゃいますね。今日は、長芋をすって、納豆をまぜて食べました。
Commented by akanezumi1984 at 2013-12-24 00:07
もともと山形ではおみづけという漬物を納豆に混ぜてよく食べてますが、白菜漬けもさっぱりしておいしかったです。
納豆よく食べるっていっても、毎日でもないです。よくと言われても???ゆづさんが関西人だからそう思うのではないですかね?
by akanezumi1984 | 2013-12-23 16:08 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31