東松島の週末

ずっと東名駅近くにあったギエンタイの倉庫を移動させることになり、思い入れの強いボラ仲間たちが久しぶりに大集合しそうな感じになり、んだら忘年会もしようということに。
しかし、おいらは月山依存症おやじさまがたとの関係も大事なので、月山行ってから東松島に向かったので、肝心の倉庫の片付けと移動には立ち会えず。
f0118332_22414058.jpg

既に大盛り上がりところに到着。久しぶりの方もたくさんいて・・・あれ、一番にぎやかな人たちがいない、と思ったら雪降る中外でこんなことして遊んでた。この中で寝ようとかも考えていたとか?ちとサイズが小さすぎでしたね。
f0118332_2242593.jpg

深夜に東京を出てきて、朝から寒い中倉庫の片付けや畑の石出しなどしてお疲れのM氏が隙間で熟睡したところ、ハイエナのように群がり落書きする面々。いくらなんでもここまでされて起きないわけないでしょと思ったら、やっぱり途中で気づいたけど、もうえーわと思ってじっとなすがままだったらしい。
f0118332_2255214.jpg

土曜夜には雪が積もっていて、畑の石出しができるか微妙だし、遅くまで起きていた人もいるので、日曜は朝のんびり過ごすことに。晴れてくれたけれど雪がとけないので、残り物を食べて片付けていると、地元から差し入れいただいた牡蠣がまだたくさん残っているということで、朝から豪勢に焼き牡蠣!(土曜もさんざん食べていたらしい)
f0118332_225540100.jpg

f0118332_2321552.jpg

いつもと違う雰囲気のうさに。
f0118332_22553088.jpg

泊めていただいたお宅のアサガオの種取り。
この中には、サザンの桑田さんが若くてまだ売れていない頃から絶やさず育てて来たアサガオの種を分けていただいたものもある。
午前中のうちに、これまで何度もボランティアで伺ったお宅を何件か挨拶に回った。お留守の家もあったが、美しくリフォームや新築したお宅で暮らされているのを見て、本当によかったなーとも思う。
みなさん上がってお茶でもと誘ってくださるが、何件か回りたかったので、玄関先で失礼していたのだが、お茶の先生のお宅でとうとう、「5分でもお茶たてられるから上がって上がって」の声にお邪魔することに。
おいらは以前、リフォーム終わった時に家の中を見せていただいていたが、他の仲間はまだだったので、立派になった茶室にびっくり。
f0118332_22555523.jpg

ちょうど訪ねたときに庭で赤く色づいた葉をちょんと摘んでいるところでしたが、あっという間にこんなに素敵な空間に。
虎屋の羊羹でお抹茶をいただいてしまった。
f0118332_22562392.jpg

f0118332_22562828.jpg

午後から作業しようかと言っていた場所は、結局雪もあるし止めようということになり、昨日置いたままにしてきたという道具の回収だけ。
f0118332_22561655.jpg

移動した倉庫は、がらーんとしてとても広く見える。ここにびっしりと詰まっていた作業道具は、地元の方たちに大部分使ってもらえることになり、引き取られたそうで、よかった、よかった。
高台移転の準備で大量に出る土砂を海辺に移動するためのベルトコンベヤーができていた。説明を聞いてもどんなものか想像がつかなかったのだが、知らずに見ると長い長い連絡通路のようだ。
f0118332_2256516.jpg

午後作業しないことになったので、石巻のM旅館にもご挨拶に行ってみることに。ご自身被災して大変な状態なのに、ボランティア基地としてボランティアの団体にボランティアしていたおとーさんと、愛犬の菊千代に久しぶりに会えた。菊千代は震災迷子でおとーさんに拾われたシェパード。みんなにボール遊びをおねだりにくる。そして、おとーさんは仮設団地にラーメンを振る舞うボランティアを考えているとか。
東名に戻り、泊めていただいたお宅に挨拶に寄ったら、お土産持たされ、逆に励まされ、もう、なにしに行っているんだか・・・
by akanezumi1984 | 2013-12-15 22:55 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31